ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 介護予防 > 「新型コロナウイルス感染症」生活不活発に気をつけて!
ページ本文

「新型コロナウイルス感染症」生活不活発に気をつけて!

更新日 : 2020年4月14日

 新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、自宅で過ごす時間が多くなっていると思います。

 このような状況の中では、高齢者の活動量の低下や交流機会の減少など、「動かないこと(生活不活発)」により、気づかぬうちに筋肉や心身機能が低下し、フレイル(虚弱)になりやすい状態となってしまいます。フレイルが進むと、体力や免疫力が低下し、体調を崩しやすくなる恐れがあります。

 そこで、フレイルを予防するためのリーフレットを作成しました。ご家族やご親戚の方にも声かけして、みんなで元気に新型コロナウイルス感染症を乗り越えましょう!

「フレイル(虚弱)」に早く気づこう!

「新型コロナウイルス感染症」生活不活発に気をつけて!1ページ

フレイルの進行を予防するために

こまめに動き、運動時間を増やしましょう。自宅でできる運動で、自分の身体は自分で守ろう!

  • じっと座っている時間を減らしましょう!
  • 体力維持に体操を!動かないと関節が固くなり、柔軟性も低下します
  • 人混みを避け、散歩をしたり屋外での運動を心掛けましょう!

バランスのよい食事と十分な睡眠で、免疫力を高めましょう!

  • 1日3回の食事が生活リズムを整えます
  • 食事は量より「質」!きちんと食べて「フレイルに負けないからだ」を!
  • 食事を楽しみましょう

さぁ始めよう 歯みがき お口の体操 楽しくおしゃべり いきいき生活

  • 毎食後と寝る前にお口のお手入れをしましょう!
  • しっかり噛んで食べましょう!
  • おしゃべりしたり声を出したりしましょう!

人との交流を続けましょう!

  • フレイルの入り口は社会性の低下から
  • フレイル予防の取り組みは自助・互助がカギ!
「新型コロナウイルス感染症」生活不活発に気をつけて!2ページ

実践しましょう!

運動

 新聞紙を使った自宅でできる簡単トレーニング

  • 胸張り運動(上肢の動きをよくする)
  • 太もも上げ(下肢の動きをよくする)
  • 棒立てバランス(脳活性化)

栄養

 毎日、10種類の食品群を食べましょう。
 合言葉はさあにぎやかいただく!」

口腔

 口の機能を保つために今すぐできる「北九州はっきり五十音(抜粋)

「新型コロナウイルス感染症」生活不活発に気をつけて!3ページ

相談窓口

地域包括支援センター

 高齢者のための保健・医療・福祉・介護の総合相談窓口

まちかど介護相談室【北九州市、公益社団法人北九州高齢者福祉事業協会】

 介護施設等の職員が無料で介護等に関する相談に応じます。(土曜日・日曜日相談可の施設あり)

「新型コロナウイルス感染症」生活不活発に気をつけて!4ページ

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局総務部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。