ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護ロボットのニーズとシーズをマッチング
ページ本文

介護ロボットのニーズとシーズをマッチング

更新日 : 2021年7月15日

介護現場のニーズをふまえた介護ロボットの開発に向け、企業のエントリー募集を開始

 現在北九州市は、厚生労働省「介護ロボット開発・実証・普及のプラットフォーム事業」にて、介護ロボットに関する相談窓口として、北部九州エリアを担当しております。(麻生教育サービスが窓口相談員として活動)

 上記事業の一環として、事務局である株式会社NTTデータ経営研究所が、介護現場の課題(以下、ニーズ)と開発企業の要素技術および周辺技術等(以下、シーズ)のマッチング支援を行う新しい取り組みとして「介護ロボットのニーズ・シーズ マッチング支援事業」を2021年6月14日から開始しました。この事業では、過年度に実施された「介護ロボットのニーズ・シーズ連携協調協議会(注1)」において調査された、介護現場の課題およびその解決に向けた介護ロボットなどの検討内容を、開発企業向けに再整理・一般公開し、ニーズを解決する介護ロボットなどに関する企業のエントリーを募集します。

 本事業へ参画する開発企業は、ニーズの出所となる施設などへのヒアリングや、介護ロボットなどの製品知識や開発支援の経験を有するマッチングサポーターから様々な支援を受けることが可能となります。

(注1)ニーズ・シーズ連携協調協議会とは

 厚生労働省の委託事業として実施した取り組み。

 開発前の着想段階から、介護ロボットなどの開発の方向性について介護現場と開発企業らが協議会を組成。介護現場のニーズを反映した、既存の技術・機器にはない優位性を持つ新しいロボットなどの開発提案を実施。

概要(特長)

介護現場のニーズと介護ロボット案のリスト

 昨年度以前に実施した「介護ロボットのニーズ・シーズ連携協調協議会」で抽出されたニーズの発生場面や、当該取り組み時の解決に向けてロボット案などの整理を行い、リスト化して一般公開します。

 下記リンクより、介護現場のニーズと解決に向けた介護ロボット案のリストを確認することが可能です。 

介護現場のニーズリスト及び解決に向けた介護ロボット案のリスト(外部リンク)

開発企業のエントリー募集

 本事業では、介護現場のニーズを解決する介護ロボットなどに関する企業のエントリーを募集します。

エントリー対象者

 介護ロボット開発企業、福祉用具開発企業、周辺部材製作企業など。

 その他、介護ロボット開発に携わる企業等が保有する製品や初期段階の試作機、シーズを持ち新たに介護ロボット分野への参入を目指す開発企業、自社技術が介護ロボットに活用できるか分からないが、登録だけでもしておきたいと考えている企業もエントリー可能です。

エントリー方法とマッチングまでの流れ

 本事業のホームページから、介護現場のニーズと解決に向けた介護ロボット案のリストが確認できます。 

 開発を希望しているテーマ・介護ロボットの種類などを指定し、エントリーいただきます。

 マッチングサポーターとのマッチング相談を実施します。

(注)エントリーした企業が注目するニーズや、ロボット案についてマッチングサポーターにヒアリングしたり、自社の技術や製品について意見を求めることができます。

(注)自社の技術を、介護ロボット開発へどのように活かせば良いのか分からない場合は、マッチング委員会とマッチングサポーターが、エントリー企業が持つ技術の活用が有効と考えられるニーズやロボットについて検討し、希望に応じてそのニーズや技術をもつ他エントリー企業を紹介・提案します。

 マッチング後も、ご希望に応じてマッチングサポーターによる支援や「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」におけるリビングラボでの効果検証や実証支援を受けることが可能です。

 ニーズ・シーズマッチング支援事業 マッチングの流れ(外部リンク)

ウェビナー開催のお知らせ

 介護ロボットの開発に興味がある、または取り組まれている企業様向けにウェビナーを開催致します。

 介護イノベーションの最新動向や、コロナ禍で高まるテクノロジー活用のニーズに関する貴重な講演内容となっておりますので、是非お申し込み・ご参加ください。

介護ロボット開発に向けた支援について

 本事業は、厚生労働省「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」の一環として実施されています。同事業は地域における相談窓口の設置、介護ロボットの評価・効果検証を実施する全国8か所のリビングラボ(開発の促進機関)によるネットワークの形成、実証フィールドの整備などを行うことで、全国にプラットフォームを構築し、介護ロボットの開発・実証・普及の流れを加速化することを目指しています。 

 ニーズ・シーズ マッチング支援事業に参加する開発企業でなくても、介護ロボットの開発において、介護ロボットの製品評価・効果検証や介護現場での実証支援、有識者による専門的・技術的な助言サービスを利用することが可能です。

介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業(外部リンク)

本事業PRのためのホームページ

 介護現場のニーズの一般公開と、介護ロボットの開発により課題を解決する企業のエントリー募集受付の詳細は、ホームページをご参照下さい。

ニーズ・シーズマッチング支援事業(外部リンク)

今後について

 介護現場のニーズと開発企業のシーズをマッチング支援することにより、介護ロボットの開発から普及までの流れをより一層加速化することを目指します。

本件に関するお問い合わせ先

内容に関するお問い合わせ先

  • 株式会社NTTデータ経営研究所 情報未来イノベーション本部 先端技術戦略ユニット

担当 : 足立 圭司

電話: 03-5213-4171

  • 厚生労働省 老健局高齢者支援課

担当 : 山田 士朗

電話 : 03-3595-2888(直通)

北九州市担当窓口

北九州市 保健福祉局 先進的介護システム推進室

担当:河野 亜由美

電話:093-582-2712(直通)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局先進的介護システム推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2712 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。