ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種になりました
ページ本文

ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種になりました

更新日 : 2020年10月1日

ロタウイルスワクチン予防接種が定期接種になりました

令和2年10月1日からロタウイルスワクチン予防接種の定期接種が開始されました。

ロタウイルス胃腸炎とは

ロタウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、乳幼児期にかかりやすい病気です。感染力が非常に強く、特に初めて感染したときに症状が強く出ます。主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴や入院が必要になることもあります。ロタウイルスワクチンの接種をすることで、重症化予防にも効果があるとされています。

接種対象者

令和2年8月1日以降生まれで、令和2年10月1日以降に接種した方

接種年齢と接種回数

ロタウイルスワクチンには2種類あり、同様の効果があります。
2つのワクチンは接種回数が異なります。最初に受けたワクチンと同じ種類を接種してください。

ワクチンの種類 接種間隔・回数

経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン

(ロタリックス)

生後6週から24週までに、27日以上の間隔をあけて2回経口投与

5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン

(ロタテック)

生後6週から32週までに、27日以上の間隔をあけて3回経口投与

注意1)いずれも1回目の接種は生後6週から生後14週6日までに受けてください。生後15週以降の初回接種は週齢が高くなるにつれて自然発症による腸重積症のリスクが増加するので、お勧めできません。

注意2)やむを得ない場合を除いて、途中でワクチンの種類を変えることはできません。必ず最後まで同じ種類のワクチンで接種をしてください。

接種後は腸重積症に注意してください。様子が気になったらすぐに受診しましょう。

腸重積症は、腸の一部が隣接する腸管にはまり込む病気です。腸の血流が悪くなることで腸の組織に障害を起こすことがあるため、速やかな治療が必要です。ワクチン接種から1週間から2週間くらいまでの間には、腸重積症のリスクが通常より高まると報告されています。

【腸重積症の主な症状】
1「突然はげしく泣く」
2「機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す」
3「嘔吐する」
4「血便がでる」
5「ぐったりして顔色が悪い」
などがあります。接種後にこれらの症状が一つでも見られた場合は速やかに医療機関を受診しましょう。腸重積症はロタウイルスワクチンの接種にかかわらず、乳幼児がり患することのある疾患で、まれな病気ではありません。

接種場所について

以下のページを参照してください。
子どもの予防接種を実施している医療機関

お問合せ

各区役所保健福祉課健康相談コーナーまで。

お問合せ先  電話番号
門司区  093-331-1888
小倉北区 093-582-3440
小倉南区 093-951-4125
若松区 093-761-5327
八幡東区 093-671-6881
八幡西区 093-642-1444
戸畑区 093-871-2331

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037
新型コロナワクチン接種:093-582-2919
定期予防接種:093-582-2090
【新型コロナワクチン接種のお問い合わせ】
電話:0120-489-199(9時~17時)
AIチャット:お問い合わせチャットボット
Q&Aで探す:新型コロナワクチン接種Q&A
注)メールでのお問い合わせは、回答に時間を要します

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。