ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > インフルエンザ予防接種費用の一部を助成します(中学3年生、高校3年生、妊婦)
ページ本文

インフルエンザ予防接種費用の一部を助成します(中学3年生、高校3年生、妊婦)

更新日 : 2020年10月22日

 この冬の新型コロナウイルス感染症・季節性インフルエンザの同時流行に備え、中学3年生・高校3年生・妊婦インフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。(新型コロナウイルス感染症対策のためのインフルエンザ予防接種支援事業の拡充)

チラシ_インフルエンザ予防接種(拡充)のご案内

対象者

北九州市内在住の予防接種を希望する、以下のいずれかの方

  • 中学3年生相当の方(平成17年4月2日生~平成18年4月1日生)
  • 高校3年生相当の方(平成14年4月2日生~平成15年4月1日生)(注)
  • 妊婦

(注) 平成14年4月1日以前に生まれた高等学校最終学年に在学中の方も対象となります。学生証等をお持ちください。

中学3年生、高校3年生

進学、就職を控えた対象学生については、約2か月半の一斉休校により大きな影響を受けた授業カリキュラムをこれ以上遅らせることがないよう、希望者に対して予防接種費用の一部を公費負担する。

妊婦

コロナ禍において、インフルエンザによる重症化リスクが高いとされる妊婦については、そのリスクを低減し、安心して妊娠期間を過ごすことができるよう、希望者に対して予防接種費用の一部を公費負担する。

実施期間

令和2年10月26日~令和3年3月31日

接種費用・助成回数

接種費用

自己負担額:1,000円(医療機関の窓口でお支払いください。)

助成回数

1人1回

助成を受けるには

接種時に以下のものをお持ちください。

  • 健康保険証等の住所及び本人確認ができる書類
  • 母子健康手帳(妊娠中の方)

既に予防接種を受けた対象者の方は、【事後請求(償還払い)について】をご覧ください。

実施医療機関

  • 医療機関によっては、予約が必要な場合がありますので、事前に電話でお問い合わせください。
  • 予防接種は、まれに重い副反応など健康被害が生じることがあります。接種する前に、医師の説明を受け、同意した上で接種を受けるようにしましょう。

事後請求(償還払い)について

 下記のいずれかに該当し、接種先で費用を自己負担された場合は償還払いが出来ます。

  1. 令和2年10月6日(新型コロナウイルス感染症対策のためのインフルエンザ予防接種事業の開始日)から令和2年10月25日に既に接種した場合
  2. やむを得ない理由で市外の医療機関で接種を受けた場合

注意事項

  • 接種した月の翌月末までに、お住まいの区役所保健福祉課で申請手続きをしてください。
  • 来所が困難な場合は、郵送でも構いませんが、書類に不備がないようにご注意ください。

必要書類

  • 予防接種費用助成申請書
  • 予診票又は予防接種済証の写し
  • 医療機関が発行した領収証(原本)
  • 振込先の口座が確認できる書類(通帳等)の写し

問い合わせ先

各区役所の健康相談コーナー
問い合わせ窓口 連絡先
門司区 093-331-1888
小倉北区 093-582-3440
小倉南区 093-951-4125
若松区 093-761-5327
八幡東区 093-671-6881
八幡西 093-642-1444
戸畑区 093-871-2331
市役所の担当課
問い合わせ窓口 連絡先
保健福祉局感染症医療政策課 093-582-2430

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。