ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種について
ページ本文

新型コロナウイルスワクチン接種について

更新日 : 2021年3月1日

 北九州市では、現在、新型コロナワクチンの接種に向けた準備を進めています。

 新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果として新型コロナウイルス感染症のまん延の防止を図るものです。

 期待される効果としては、主に発症や重症化の予防につながり、実際に使われるようになれば、医療機関の負担を減らすための重要な手段になるものと考えています。

 今後、本市における接種のスケジュールやその他の情報については、このホームページにて皆様にお知らせいたします。  

 (重要なお知らせは、ホームページだけでなく市政だよりや様々な広報媒体でお知らせします)

北九州市のワクチン接種体制

ワクチン接種の順位

 ワクチンの量が限られるときには、まず、重症化リスクの高い方に接種することで、重症者や死亡者を減らすことが期待されます。また、医療提供体制を守ることも大切です。

 そのため、本市では国から示されている順位に従い、以下のとおり接種を進める方針です。

  1. 医療従事者(注)
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳以上に達する方)
  3. その他の方(基礎疾患のある方等を優先)

(注)医療従事者のワクチン接種は福岡県が実施します。

ワクチン接種の進め方

 ワクチン接種の進め方については、広い会場を使用して多くの皆様に接種を行う「集団接種」と、かかりつけ医などの身近な医療機関で接種を行う「個別接種」とに分かれます。

 本市では、高齢者に対しては原則として集団接種を実施し、国のワクチンの供給状況やスケジュール等を踏まえた上で、個別接種との併用を検討します。また、施設入所者に対しては、施設従事者も含め、巡回接種等を実施します。引き続き、接種の進め方を検討し、ワクチンを必要とする皆様に迅速に接種できるように体制を整えていきます。

ワクチン接種券および接種予約について

 高齢者への接種に使用する「接種券」は、3月下旬以降に郵送する予定です。また、接種券の郵送のタイミングにあわせて予約の受付を開始します。なお、接種券は住民票に記載されてある住所に郵送されます。

新型コロナワクチンを接種する会場(集団接種を行う会場)

会場位置図

 接種会場は、市内に13カ所開設します。ご都合の良い日時と会場を選び、予約のうえ、接種を行ってください。

 なお、予約の受付は3月下旬に開始できるよう準備を進めておりますが、ワクチンの供給状況等も踏まえ、時期が確定次第、皆様にお知らせさせていただきます。

コールセンターおよび区役所相談窓口の開設

 本市では、ワクチン接種についての疑問や不安をご相談いただけるよう、コールセンターおよび区役所相談窓口を開設いたしました。

1 コールセンター

  • 電話番号  0570-055-676
  • 開設日   令和3年3月1日(月曜日)
  • 受付時間  9時から17時(全日)

2 区役所相談窓口

  • 開設日   令和3年3月1日(月曜日)
  • 受付時間  9時から17時(平日)
  • 場所    各区役所内

今後、コールセンターや区役所相談窓口でも、接種予約の受付ができるよう準備を進めています。

新型コロナウイルスワクチンについて

 現在、国内で承認を受けているファイザー社ワクチンについての内容です。

ワクチンの特徴

 新型コロナウイルスワクチンはメッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンという種類のワクチンです。mRNAワクチンでは、ウイルスのタンパク質を作る基になる情報の一部を注射します。人の体の中で、この情報を基に、ウイルスのタンパク質の一部が作られ、それに対する抗体などができることで、ウイルスに対する免疫ができます。

 私たちがもつ体内の異物を攻撃する免疫の仕組みを利用して、新型コロナウイルス感染症を予防します。

(接種回数と接種間隔)

  • 1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種を受けてください(接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。)。
  • 1回目に本ワクチンを接種した場合は、2回目も必ず同じワクチン接種を受けてください。

有効性について

 新型コロナウイルス感染症の発症を予防します。
 ワクチンを受けた人が受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということが分かっています。(発症予防効果は約95%と報告されています。)
 なお、本ワクチンの接種で十分な免疫ができるのは、2回目の接種を受けてから7日程度経って以降とされています。

安全性について

  • 主な副反応は、頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、疲労、寒気、発熱等があります。また、まれに起こる重大な副反応として、ショックやアナフィラキシーがあります。 
  • 本ワクチンは、新しい種類のワクチンのため、これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります。接種後に気になる症状を認めた場合は、接種医あるいはかかりつけ医に相談してください。

 なお、本市の集団接種会場では、接種後の経過観察を行うための待機場所を設け、看護師が常駐します。万が一、経過観察中に症状を認めた場合は、看護師と会場内にいる医師とで、すぐに対応を行える体制となっております。

予防接種健康被害救済制度について

 予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生がみられます。万が一、ワクチンの接種によって健康被害が生じた場合には、国による予防接種健康被害救済制度がありますので、コールセンターにご連絡ください。

ワクチン接種を受けることができない人、注意が必要な人

 下記にあてはまる方は、本ワクチンの接種ができない、または接種に注意が必要です。
 当てはまるかどうかや、ワクチンを受けて良いかご不明な方、また当てはまると思われる方は、かかりつけ医などに事前にご相談ください。

(受けることができない人)

  • 明らかに発熱している人(注1)
  • 重い急性疾患にかかっている人
  • 本ワクチンの成分に対し過敏症(注2)の既往歴のある人
  • 上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある人

(注1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(注2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

(注意が必要な人)

  • 抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害(血友病など)のある人
  • 過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる人
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある人
  • 過去に予防接種を受けて、接種2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた人
  • 過去にけいれんを起こしたことがある人
  • 本ワクチンの成分(注3)に対して、アレルギーが起こるおそれがある人

なお、妊娠中、又は妊娠している可能性がある人、授乳されている人は、かかりつけ医などに事前にご相談ください。

(注3)本ワクチンの成分
▷有効成分
・トジナメラン(ヒトの細胞膜に結合する働きを持つスパイクタンパク質の全長体をコードするmRNA
▷添加物
・ALC-0315:[(4-ヒドロキシブチル)アザンジイル]ビス(ヘキサン-6,1-ジイル)ビス(2-ヘキシルデカン酸エステル)
・ALC-0159:2-[(ポリエチレングリコール)-2000]-N,N-ジテトラデシルアセトアミド
・DSPC:1,2-ジステアロイル-sn-グリセロ-3-ホスホコリン
・コレステロール
・塩化カリウム
・リン酸二水素カリウム
・塩化ナトリウム
・リン酸水素ナトリウム二水和物
・精製白糖 

新型コロナワクチンを接種する際の同意

 新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、ご本人の同意が必要です。接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。ご本人の同意なく、接種が行われることはありません。

 職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない方に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

【重要】新型コロナワクチン接種などをかたった詐欺にご注意ください!!

 近頃、新型コロナワクチン接種は費用が必要だとして、金銭を要求する詐欺が報告されています。

 ほかにも、ワクチン接種を優先させるからなどと費用を要求したり、ワクチン接種の予約をするためには予約金が必要などと金銭を要求するケースも報告されています。

 全国で実施される、新型コロナワクチン接種は無料で行われます。本市においても、ワクチン接種は無料で行いますので、万が一、訪問や電話等で金銭を要求された場合は、絶対に要求に従わず、すぐに110番に連絡するか、最寄りの警察署にご相談ください。

 こちらでもご相談いただけます。

  警察相談専用電話 #9110

  (受付時間 平日:17時45分から翌朝9時、土曜・日祝(年末年始含む):終日)

 

 また、金銭の要求等が無かった場合でも、不審に思った場合や、トラブルにあった場合は、「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」や「北九州市立消費生活センター」でご相談いただけます。今後も、新たな手口の勧誘等が行われる可能性がありますので、少しでもおかしいと感じたらすぐにご相談ください。 

新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン

 電話番号 局番なし 188

  • お近くの市区町村や都道府県の消費生活センター等の消費生活相談窓口をご案内いたします。
  • 土曜、日祝も相談いただけます。
  • 相談受付時間は、相談窓口ごとに異なります。

北九州市立消費生活センター

 電話番号 093-861-0999 (受付時間 8時30分から16時45分)

  • 日祝、年末年始は除く。
  • 第3土曜日の受付時間は、8時30分から13時となります。

新型コロナウイルスワクチン接種推進本部会議

本市における新型コロナワクチンの接種を推進するために設置された新型コロナウイルスワクチン接種推進本部の第1回会議が開催されました。会議の資料は以下のリンクからご確認ください。

国の機関等からの情報

国の機関等からの情報提供につきましては、以下のリンク先をご参照ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局新型コロナウイルス感染症医療政策部感染症医療政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2430 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。