ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 医療・福祉・健康・衛生(事業者向け) > 福祉 > 地域密着型サービス > 地域密着型サービス事業者の指定取消等の行政処分について
ページ本文

地域密着型サービス事業者の指定取消等の行政処分について

介護サービス事業者の指定取消(行政処分)について

平成23年1月27日 保健福祉局介護保険課・保健福祉局監査指導課 記者発表資料

第1 事業者概要

1 事業者     株式会社 七施(しちせ)
          代表取締役 原 カツ子

2 所在地    福岡県古賀市筵内(むしろうち)1017番地3

3 事業所    大正館

4 事業の種類  指定小規模多機能型居宅介護事業

5 事業所所在地 北九州市若松区花野路一丁目2番5号

6 利用定員   登録定員25名、通い定員15名、宿泊定員5名(平成22年12月 登録者数17名)

7 指定年月日  平成19年9月1日

第2 これまでの経緯

1 平成22年 8月10日 実地検査実施(市保健福祉局監査指導課)

2 平成22年10月29日~12月21日 監査実施(全4回)

3 平成23年 1月18日 聴聞(指定取消し)

4 平成23年 1月27日 指定取消通知

5 平成23年 1月28日 指定取消日

第3 不正の概要

1 地域密着型介護サービス費(介護報酬)の不正請求   (法第78条の10第8号該当)

  平成20年4月~平成20年10月及び平成20年12月~平成22年8月の間、宿泊
 利用者がいるにもかかわらず、夜勤者の配置をせず、人員基準違反(人員欠如)に伴う
 介護報酬の減算を行わずに不正請求をした。

2 実地検査時提出書類における虚偽の報告     (法第78条の10第9号該当)

  平成22年8月10日実地検査時の報告または帳簿の提出の求めに対し、宿泊利用者が
 いるにもかかわらず、提出書類を宿泊利用者がいない内容で作成し提出した。

3 実地検査時の虚偽の答弁           (法第78条の10第10号該当)

  平成22年8月10日実地検査時の質問に対して、宿泊利用者がいるにもかかわらず、
 宿泊利用者がいない等、虚偽の答弁をした。

第4 徴収金等

指定小規模多機能型居宅介護

   約3,100万円

(加算金40%を加えると約4,400万円となる。)

第5 不利益処分の根拠規定

  介護保険法第78条の10

第6 現在の利用者への対応

  現在、当該事業所を利用中の17名については、他の事業所の介護サービス(訪問介護、
 通所介護など)が受けられるよう移行手続を既に完了している。

 お問い合わせ先:保健福祉局地域支援部介護保険課 電話:093-582-2771
           保健福祉局総務部監査指導課 電話: 093-582-2448

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部介護保険課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2771 FAX:093-582-5033

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。