ページトップ
ページ本文

インドネシア・スラバヤ市との取り組み

スラバヤ市との取り組み

  北九州市とインドネシア・スラバヤ市は、平成9年(1997年)のアジア環境協力都市ネットワーク構築時から連携を図っており、平成14年(2002年)には、国際協力銀行の支援のもと廃棄物に関する調査を実施しました。
  同調査から廃棄物全体の5割を占める有機ごみにスポットをあて、J-POWERグループ株式会社ジェイペック若松環境事業所の高倉弘二氏の協力を得ながら、平成16年(2004年)より市民参加型の「生ごみのコンポスト化協力事業」を実施しました。当事業によってスラバヤ市の廃棄物量が32%削減されるなど、市民の環境意識が向上されました。
  以来、両市は着実に友好関係を築き、平成23年(2011年)3月に「戦略的環境パートナーシップ共同声明」の署名、平成24年(2012年)11月に「環境姉妹都市提携に関する覚書」を締結しました。

覚書締結式の写真
「環境姉妹都市提携に関する覚書」締結式

スラバヤ市との環境交流の歴史

環境交流の歴史
年度 内容
平成9年度
(1997年度)
  • アジア環境協力都市会議を北九州市にて開催
  • アジア環境協力都市ネットワーク(東南アジア4カ国6都市)設立⇒スラバヤ市も加盟
平成12年度
(2000年度)
  • 廃棄物事業を開始【JICA草の根:~平成13年】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
平成14年度
(2002年度)
  • スラバヤ市廃棄物減量化・リサイクル促進に関する調査実施【国際協力銀行(JBIC)と共同:~平成15年】
平成15年度
(2003年度)
  • 生ごみ堆肥化技術移転事業を実施【地球環境基金:~平成17年】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
平成16年度
(2004年度)
  • 堆肥化事業(KITA)【JICA草の根:~平成17年】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
平成19年度
(2007年度)
  • 水環境改善事業【クレア】、【JICA草の根:~平成20年】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
平成20年度
(2008年度)
  • スラバヤ市からの視察団来訪:スラバヤ市長ほか7名
平成21年度
(2009年度)
  • PESAMAS事業におけるスタディーツアーの開催【JICAインドネシア】
  • 第5回北九州イニシアティブネットワーク会議開催:スラバヤ市長出席
平成22年度
(2010年度)
  • 第2回環境的に持続可能な都市ハイレベルセミナースラバヤ市長出席及び戦略的環境パートナーシップ共同声明
平成24年度
(2012年度)
  • スマートコミュニティ可能性調査事業【経産省:~平成25年】
  • 廃棄物中間処理事業【外務省】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
  • スラバヤ市議会議員来訪(5名)
  • 環境姉妹都市締結
平成25年度
(2013年度)
  • 低炭素化都市計画策定支援調査事業【環境省:~平成27年】
  • 廃棄物中間処理・堆肥化実証事業【JICA普及実証:~平成27年】
  • 飲料水供給実証事業【JICA草の根:~平成27年】
  • スラバヤ市議会議員来訪(4名)
  • 北九州環境未来都市構想推進国際フォーラム:スラバヤ市長出席
  • 北九州市議会議員スラバヤ市訪問(11名)
平成26年度
(2014年度)
  • 廃棄物発電調査事業【環境省】
  • デング熱対策調査・実証事業【北九州市:~平成28年】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
平成27年度
(2015年度)
  • スラバヤ市メディア関係者(31名)来訪
  • 高効率空調システム導入事業【環境省:~平成28年】
  • 都市間連携プロジェクト【UNEP:~平成28年】
平成28年度
(2016年度)
  • 事業系廃棄物対策システム構築調査事業【環境省】
  • 飲料水供給改善調査事業【JICA案件化調査】
  • スラバヤ市からの研修生の受け入れ
  • スラバヤ市からの視察団来訪:スラバヤ市長ほか12名

スラバヤ市における環境ビジネス実績

   平成24年(2012年)11月に締結した「環境姉妹都市提携に関する覚書」に基づき、現在は、グリーン&ローカーボンの視点から、社会制度の構築や市民意識の変革などのソフト面の施策も盛り込んだ総合的なまちづくり計画の策定を中心に、廃棄物・上下水道・エネルギー・都市計画といった様々な分野におけるプロジェクトを展開して、グリーンシティ輸出モデルの構築を目指しています。

(1)コジェネレーション・省エネ事業

  スラバヤ市及び周辺にある国営工業団地にコジェネレーション(熱電併給)を導入して、工業団地のスマート化を目指した調査事業に取り組んでいます。この事業は、八幡東区東田地区における北九州スマートコミュニティ創造事業の海外展開と位置づけ、事業化に向けた調査を行っています。

(2)廃棄物処理・リサイクル事業

  (株)西原商事は、スラバヤ市において有価物、有機ごみ、異物の選別を実施しています。一般ごみの60%を占める有機ごみからの堆肥製造とその販売可能性を検証し、最終処分される一般ごみの減量と、廃棄物リサイクルの事業化に向けて取り組んでいます。

選別ラインの写真 
廃棄物分別施設
堆肥化施設の写真
コンポストセンター

(3)飲料水供給事業

  スラバヤ市の水道水は水源である河川の汚染や配水管の老朽化等により一般に飲用に適していません。(株)いしかわエンジニアリングは、独自の浄化技術を活用し、スラバヤ市水道公社と協力して、スラバヤ市モデル地区における安全な飲料水の供給を目指しています。

浄水装置の写真
小型浄水システム
スラバヤ市内生協店舗の写真
スラバヤ市生協店舗のガロン水

(4)環境衛生事業

  東南アジア諸国では、「デング熱」や「ジカ熱」などの蚊が媒介する感染症の対策がとても重要な問題となっています。(株)九州メディカルは、環境負荷の少ない蚊の幼虫殺虫剤を開発し、インドネシア農業省にボウフラ殺虫剤として登録されました。今後、スラバヤ市において実証試験を行い、インドネシアおよび他国において販売網の構築を目指しています。

ネッタイシマカの写真
ネッタイシマカ
ボウフラ殺虫剤を投入している様子
実証の様子

このページの作成者

環境局環境国際経済部環境国際戦略課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-3804 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。