ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 環境保全 > 環境影響評価制度 > 北九州市環境影響評価条例の改正について
ページ本文

北九州市環境影響評価条例の改正について

更新日 : 2019年3月11日

はじめに

平成23年4月に環境影響評価法が一部改正され、事業計画の立案段階から環境保全について検討を行い、事業に反映していくための手続や、住民等との情報交流を促進させるための制度が拡充されました。
そのため、法改正の内容等を踏まえて、平成25年3月及び6月に北九州市環境影響評価条例の一部を改正しました。

改正の内容

改正の主な内容は、次のとおりです。

1. 配慮書手続の新設

 事業者は、方法書の作成前の手続として、計画の立案の段階において環境の保全のために配慮すべき事項についての検討を行い、「計画段階環境配慮書」を作成することとしました。

2. 方法書における説明会の開催

 事業者は、方法書の記載事項を市民に周知させるための説明会を開催しなければならないこととしました。

3. 公聴会の開催

 市長は、準備書について、環境の保全の見地からの意見を聴取する必要があると認めるときは、公聴会を開催するものとしました。

4. 事後調査計画書等の公表

 市長は、事後調査計画書及び事後調査報告書をインターネットの利用その他の方法により公表することとしました。

5. 環境影響評価図書の電子縦覧

 市長は、方法書、準備書、評価書について、インターネットの利用その他の方法により縦覧を行うこととしました。

施行日

改正条例の施行日は、平成25年10月1日です。

その他

条例改正に伴い、北九州市環境影響評価条例施行規則の一部を改正しました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。