ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 環境保全 > 環境影響評価制度 > 北九州市環境影響評価条例施行規則の改正について(平成25年9月・配慮書手続の追加など)
ページ本文

北九州市環境影響評価条例施行規則の改正について(平成25年9月・配慮書手続の追加など)

更新日 : 2020年1月29日

はじめに

本市では、平成25年3月及び6月に北九州市環境影響評価条例を一部改正し、事業計画の立案段階から環境保全について検討する配慮書手続等を新たに導入しました。
これに伴い、北九州市環境影響評価条例施行規則の一部を改正しましたので、お知らせします。

改正の主な内容

  1. 配慮書の提出、方法書説明会の開催、公聴会の開催等について必要な事項を定めました。
  2. 対象事業の要件に、出力が5,000キロワット以上である風力発電所の設置の工事の事業、遮断型最終処分場の設置の事業を加えました。

施行日

改正規則の施行日は、平成25年10月1日です。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。