ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > ごみ・リサイクル > 取り組み > プラスチック削減の取り組み > 「やってみよう!製品プラスチック回収モデル事業」を実施します
ページ本文

「やってみよう!製品プラスチック回収モデル事業」を実施します

更新日 : 2022年11月29日
ページ番号:000163670

「やってみよう!製品プラスチック回収モデル事業」を実施します

 近年、海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題等により、プラスチックの資源循環を一層促進する重要性が高まっています。このため、 国において、令和4年4月に「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が施行されました。この法律において、市町村はプラスチック資源の分別収集や再商品化に努めることとされています。

 そこで、本市においてもプラスチック資源の一括回収の円滑な実施に向けた検証を行うため、令和4年7月から8月の一ヶ月間、各区の一部地域において、「やってみよう!製品プラスチック回収モデル事業」と称して、家庭から排出されるプラスチック製容器包装と製品プラスチックを合わせて回収するプラスチック資源一括回収の実証事業を実施します。

1 目的 市民の出しやすさや効率的な回収・再資源化の仕組みを検討し、今後の取組の活かすことを目的とします。

2 実証内容 

(1)プラスチック製容器包装用の指定袋で、プラスチック製容器包装と製品プラスチックを一括回収

(2)北九州市プラスチック資源化センターで組成調査、選別、圧縮、梱包

(3)再商品化事業者によるリサイクル

3 対象地域及び回収日

対象地域 回収日 曜日
八幡東区 槻田1丁目から2丁目 7月18日、25日、8月1日、8月8日 毎週月曜日
門司区 清見1丁目から清見4丁目 7月19日、26日、8月2日、8月9日 毎週火曜日
小倉北区 東篠崎1丁目1番から23番
小倉南区 吉田にれの木坂1丁目から2丁目
若松区 高須東1丁目から4丁目
八幡西区 鉄王1丁目から2丁目
戸畑区 牧山1丁目から4丁目

4 収集品目 「プラスチック製容器包装」および「製品プラスチック」

回収する製品プラスチックの例(洗面器、風呂いす、プランター、ハンガー等)

5 検証内容

  • 実証前後の排出量の比較
  • 製品プラスチックの排出量や組成
  • リチウムイオン電池や複合製品などの不適物の混入状況
  • プラスチック資源化センターの既存設備の対応能力や効率的な作業体制
  • 一括回収に必要な費用(収集運搬、中間処理、リサイクル費用等) 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

環境局循環社会推進部循環社会推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2187 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。