ページトップ
ページ本文

エコツアー(平成29年度)

更新日 : 2021年9月3日

 北九州市では、北九州市環境基本条例の「自然環境の保全及び自然とのふれあいの推進」に基づき、市民と自然とのふれあいを推進しています。
 また、平成28年3月に策定した「第2次北九州市生物多様性戦略(2015年度-2024年度)」では、「自然とのふれあいを通じた生物多様性の重要性の市民への浸透」を5つの基本目標の一つとし、自然環境にふれあう機会の創出を方向性として、「エコツアー(自然環境講座)」を施策とし、自然とのふれあいの場を提供し、生物多様性の重要性が市民に理解され浸透するように、取り組みを進めています。

開催結果

 平成29年度の実施結果は以下のとおりです。

 平成29年5月21日(日曜日) 自然体感ツアー(春)「親子で響灘ビオトープと直売所を巡る」

 平成29年7月9日(日曜日) カブトガニ産卵観察ツアー  荒天により中止となりました。

 平成29年8月27日(日曜日) 自然体感ツアー(夏)「水辺の生き物観察会」

 平成29年10月29日(日曜日)自然体感ツアー(秋)「親子でめぐる秋の平尾台」  台風により中止となりました。

 平成30年2月25日(日曜日)自然体感ツアー(冬)「親子で行く「いのちのたび博物館と総合農事センター」」

 詳細は以下をご覧ください。

自然体感ツアー(春)「親子で響灘ビオトープと直売所を巡る」

 生物多様性について及び響灘ビオトープの概要について紹介したのち、響灘ビオトープガイドツアーを体験しました。次に、風力発電所、市民太陽光発電所の見学後、最後に汐入の里(農水産物直売所)での本市の農水産品を購入する機会を設け、「生物多様性の恵み」について紹介しました。

  •  日時     平成29年5月21日(日曜日) 8時30分から13時
  •  場所     響灘ビオトープ、次世代エネルギーパーク、産地直送市場「海と大地」
  •  参加人数   31人
  •  内容     以下の報告書をご覧ください。
植物
ビオトープ園路で何か見つけました
鳥見小屋
この穴からは何が見えるかな

カブトガニ産卵観察ツアー

  以下のとおり実施の予定でしたが、雨天中止となりました。

  •  日時  平成29年7月9日(日曜日)9時30分から13時
  •  場所  小倉南区曽根干潟

  

自然体感ツアー(夏)「水辺の生き物観察会」

 かぐめよし少年自然の家において、「魚を捕まえよう」、「水辺の生き物を捕まえよう」、「捕まえた生き物を観察しよう」という3つのテーマのもと体験型の自然環境学習イベントを開催しました。

  •  日時     平成29年8月27日(日曜日) 9時30分から13時
  •  場所     かぐめよし少年自然の家
  •  参加人数   32人
  •  内容     以下の報告書をご覧ください。
捕獲確認
何をつかまえたかな
確認
捕獲した生き物を確認します

自然体感ツアー(秋)「親子でめぐる秋の平尾台」

 平尾台のトレッキング、牡鹿洞の見学、平尾台自然の郷での本市の農水産品を購入する機会の提供を予定していましたが、台風のため中止となりました。

  •  日時   平成29年10月29日(日曜日) 9時から13時
  •  場所   小倉南区平尾台

自然体感ツアー(冬)「親子で行く「いのちのたび博物館と総合農事センター」

 いのちのたび博物館と総合農事センターを訪ね、北九州市の自然の壮大さやいのちの大切さを感じる内容で実施しました。

  •  日時     平成30年2月25日(日曜日) 9時から15時30分
  •  場所     いのちのたび博物館、総合農事センター
  •  参加人数   29人
  •  内容     以下の報告書をご覧ください。
いのたび ワーキング説明
今からいのちのたび博物館内をめぐります
ワーキング中
答えはなんでしょう

このページの作成者

環境局環境監視部環境監視課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2290 FAX:093-582-2196

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。