ページトップ
ページ本文

地区計画とは?

更新日 : 2020年6月16日

地区計画は地区ごとの計画です。

 地区計画は、生活に密着した身近な計画です。町丁や街区などの一定のエリア、あるいは共通した特徴を持つ地域ごとに計画をつくります。

地区計画は住民が主体となってつくります。

 地区計画は、土地や建物の所有者などの住民が主体となって、話し合い、考えを出しながら地区の実情に応じた計画をつくっていきます。

 地区計画は、用途地域内の規制に、さらにきめ細かなルールを定めることができる制度です。まちづくりの目的に応じて、弾力的な運用を行うための緩和型地区計画など様々な制度が設けられています。

地区計画の内容

  • 地域にあったきめ細やかなルールを都市計画として定め、条例を定めます。
  • ルールに合わない建築はできません。
  • 地区計画で建築のルールが定められた区域で建築などの工事を行うときは、工事着手の30日前までに届出が必要です。

1.地区計画の目標・方針

 まちづくりの方針・将来像を定めます。

2.地区整備計画

 「地区計画の目標・方針」に従って、道路、公園、広場などの配置や建築物に関する制限などの具体的なまちづくりのルールを定めます。

地区計画の具体例

パンフレット

このページの作成者

建築都市局計画部都市計画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2451 FAX:093-582-2503

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。