ページトップ
ページ本文

ラブリバー制度

更新日 : 2019年3月19日

地域の人に愛され、親しまれる水辺環境づくり

ラブリバー制度とは、ボランティア活動で堤防の草刈りなどをする住民のみなさんを 応援するものです。河川敷を住民の植栽や花壇に開放したり散歩道を整備したりする事によって、河川を美しい憩いの場、水とふれあえるコミュニティの場として地域の皆様と一緒に守っていきます。

新々堀川

水と緑あふれるスポーツレクリエーションゾーン


新々堀川(八幡西区)

新々堀川はかつて筑豊炭田地域と洞海湾を結ぶ石炭輸送の運河、かんがい水路として活躍していました。現在は折尾駅を中心とした密集市街地を貫流しているので市民の関心も高く、河川愛護団体により草取りや清掃が行われたり、イベントやレクレーションの場として利用されています。
今後も継続して生態系や景観に配慮した河川改修、オープンスペースの活用、歴史の保存を行っていきます。

板櫃川

水と緑と歴史を生かしたプロムナードづくり


板櫃川(小倉北区)

板櫃川は水質がとてもよく、ホタルやアユ、シロウオなど、豊かな生態系を育んでいます。また地域の人の関心もとても高く、早くから河川の愛護活動が根づいていました。
ラブリバー制度の認定とともに板櫃川全川に「板櫃川河川環境整備計画」が計画・実施され、もっともっと地域の人々が生き物とふれあい、四季をとおして自然と親しめる水辺環境づくりを目指しています。

割子川

潤いのある水と緑のネットワークゾーン


割子川(八幡西区)

割子川は閑静な住宅地を流れる、清流をたたえた河川です。
昭和30年代の区画整理事業で治水上の改修は完了していますが、コンクリートの護岸が人工的な印象を与えています。そこで周辺の緑地も取り入れて、身近な生活環境の中で住民がより豊かな自然を実感でき、生物や植物が生息しやすく、都市景観に潤いをもたらす整備をすすめています。

このページの作成者

建設局河川部水環境課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2491 FAX:093-561-5758

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。