ページトップ
ページ本文

多自然川づくり

更新日 : 2019年3月19日

様々な生物の生息の場である川は私達にとっても身近な自然です。
北九州市の河川整備では積極的に「多自然川づくり」を行っています。このような事業についての市民一人一人の理解と協力を呼びかける運動も必要となってきています。

貫川

河川のショートカット部で生じる旧河川敷を利用して、高水敷、土羽堤防、飛び石、緑地部の整備を行なっています。
山地部、平野部の風景に溶け込み、河道内では水際部の多様性を生んでいます。また、緑地部には、生態系に配慮してヤマモモ、クヌギ、アラカシなどの植栽を行なっています。


多自然川づくり(貫川)

施工前

施工後

このページの作成者

建設局河川部水環境課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2491 FAX:093-561-5758

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。