ページトップ
ページ本文

用地買収の手順

更新日 : 2019年3月18日

市が事業を行うために、用地を取得する場合、「北九州市の公共用地の取得に伴う損失補償基準」により適正な価格を算定します。用地取得は、以下の基準で行われます。

1 事業説明会
事業用地を取得する場合、事業決定がされると、地元住民の理解と協力を得るために、事業担当課から当該公共事業の目的、意義、規模等についての事業説明会が開催されます。

2 土地の調査
事業担当課は、土地所有者及び関係人立会のもとに、境界の確認、買収面積確定のための測量などの現地調査を行います。

3 建物などの調査
事業用地として取得する土地に建物、工作物、立木などがある場合、その移転のために必要な費用を適正に補償するため、権利者立会のもとに物件の調査を行います。

4 土地、建物などの補償額の算出
土地の取得並びに、建物・庭木などの移転について「北九州市の公共用地の取得に伴う損失補償基準」によって、補償金額を算出します。

5 補償交渉
土地の買収価格や物件などの補償金が算定されると、それぞれの権利者との用地交渉に入ります。補償内容、生活再建などのための様々な協議が行われます。

6 契約の締結
協議が成立した後、権利者の記名押印と必要関係書類の提出を受けて、個別に契約の締結を行います。

7 補償金支払い
土地代金は、所有権移転登記完了かつ土地引渡し後に全額、建物等の補償金は、物件撤去又は移転完了後に全額が支払われます。ただし、必要と認められる場合には、土地代金は所有権移転登記完了後、建物等の補償金は契約締結後に、契約額の70%以内の金額が前払金として支払われます。

このページの作成者

建設局用地部用地管理課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2260 FAX:093-591-0838

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。