ページトップ
ページ本文

土地収用制度について

更新日 : 2019年3月18日

 道路の改築、河川の改修、公園建設等の公共事業を実施するためには、新たな土地の取得を必要とする場合があります。
 その場合、通常は、公共事業の施行者(起業者)である市が、土地所有者やその関係人等と話し合い、その合意のうえ、契約を結ぶことで必要な土地を取得します。
 しかし、補償金の額について同意が得られなかったり、土地の所有権について争いがある等の理由で、話し合いにより土地の取得ができないことがあります。このような時、起業者が土地収用法の手続きをとり、土地所有者や関係人に適正な補償を行い、土地を取得することができる制度があります。このような制度を土地収用制度といいます。
 一般に「土地収用制度」というと「強制収用」というイメージを持たれがちですが、用地取得の合意に至らないケースとして、補償額への不満もひとつの要因ではありますが、むしろ、土地所有者不明、相続人の行方不明など、土地所有者と話し合いができないことにより取得が困難となるものが多く、それらも土地収用制度を活用することにより解決を図ることが可能となります。
 ただし、土地収用制度を活用するにあたっては、「私有財産」を「公共の福祉」のために、収用することとなりますので、慎重、かつ、厳正な手続きを行うべきであることはいうまでもありません。
 一般的に、土地収用制度を活用する場合は、下図のような手続きを経ながら進めていくことになります。

土地収用法の手続きの説明

 近年、公共事業等については、より一層の効率化とスピードアップが求められており、事業に必要な土地の取得を早期に完了し、事業を完成させることで、その効果をあげていく必要があります。
 このような状況を踏まえ、国・県・市などの起業者では、事業用地の早期取得のための取組を行っています。

このページの作成者

建設局用地部用地管理課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2260 FAX:093-591-0838

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。