ページトップ
ページ本文

市の花

更新日 : 2019年3月18日

市の花について

ご存知ですか?市の花

昭和57年に市制20周年を記念し、市の花として「つつじ」と「ひまわり」を制定したものです。
市民のみなさんからの応募をもとに、北九州市の花選考委員会に諮問しその答申を受けて制定しました。
「つつじ」も「ひまわり」も、北九州市の気候風土に適合し、花が美しく品位があり、市民のみなさんに親しまれている花です。

「つつじ」

つつじの花

「つつじ」は家庭の庭などでよく見られ、また、市の公園や、公共施設にも多く用いられており、都市緑化に役立っています。

双子葉植物合弁花類。ツツジ科ツツジ属植物の総称で、日本各地に多く自生している。
また、庭園、公園等にも多く植栽されて広く観賞されている。
常緑性のものも落葉性のものもあり、普通低木であるが、中には小高木となるものもあり、よく分枝して茂る。
花は4月から5月に咲き、一般に前年枝の先端につき、花冠は5裂し、雄しべは5~10個、花色は紅、淡紅、濃赤、紫、白のほか、混色や咲分けなどがあり変化に富む。野生種にはヤマツツジ、ミヤマキリシマ、レンゲツツジ、ミツバツツジ等がある。園芸種は、これら野生種から出たものか、あるいは交雑によってできたものである。

「ひまわり」

ひまわりの花

太陽の方向を向いて花を咲かせる「ひまわり」は、活力とダイナミックさを感じさせます。
また、学校の花壇などにも取り入れられており、今後の花いっぱい運動にも役立つ花です。

キク科の不耐寒性一年草で、サンフラワーともいわれ、属名のヘリアンサスはギリシャ語のヘリオス(太陽)アンサ(花)に由来する。原産は北アメリカである。日本名のひまわりは中国の「向日葵」を意訳した名称で、日本各地で栽培され、草丈は2メートル内外になり、葉は大きく心臓形をなし、茎とともに短い剛毛におおわれる。茎は太く単一または上部で分枝し、夏に先端に大形の花を横向きに開く。花は直径10~30cmで、周辺には鮮黄色の舌状花があり、中央には褐色または黄色の管状花が密集する。観賞用のほか、種子から「ひまわり油」を採油、料理用の油にも用いる。

このページの作成者

建設局公園緑地部緑政課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2466 FAX:093-582-0166

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。