ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 入札・契約 > その他募集・結果 > 「令和3年度 若者政策アイデアワークショップ運営業務」に係る企画提案の結果について
ページ本文

「令和3年度 若者政策アイデアワークショップ運営業務」に係る企画提案の結果について

更新日 : 2021年6月23日

 「令和3年度 若者政策アイデアワークショップ運営業務」について、参加事業者3社による公募型プロポーザルを実施し、下記のとおり受託候補者を特定しました。

1 審査方法

 事前に提出された企画提案書について、各評価項目に基づき、審査(6名)・採点(100点×6名=600点満点)を行う。

2 選定結果

 審査の結果、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社を受託候補者として選定しました。

提案者名 点数
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 476
A社 464
B社 326

3 審査会の委員の氏名及び職名

職名 氏名
企画調整局 地方創生推進室長 森川 洋一
企画調整局 地方創生推進室次長 明石 卓也
市民文化スポーツ局 安全・安心推進部 安全・安心推進課長 南 秀幸
産業経済局 雇用・生産性改革推進部 雇用政策課長 小田 聡
保健福祉局 総務部 精神保健福祉センター
いのちとこころの支援担当課長
藤田 浩介
株式会社ラック 新規事業開発部長 又江原 恭彦

4 審査会における主な意見(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社を評価した主な意見)

・無理のないステップを踏み、若者の等身大の意見を引き出すことが期待できるワークショップ運営となっている。

・ワークショップ以外のコミュニケーションツールとしてFacebookの活用やYouTubeでの事前の意識の共有化、活動支援におけるコワーキングスペースの提供など、これまでと違うアプローチが興味深い。

5 市の主な特定理由

 審査要領に沿って協議した結果、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の提案がより優れていると評価された。審査会での主な意見は上記4記載のとおりである。審査会の意見を受け、市としても、提案事業者の業務実施体制や業務内容、業務実績等を踏まえ、本事業の事業者としてふさわしいと判断した。以上により、受託候補者として特定したもの。

このページの作成者

企画調整局地方創生推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2174 FAX:093-582-2176

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。