ページトップ
ページ本文

8月の星空

更新日 : 2019年6月2日

~夏の大三角とみごろの惑星~

頭の真上あたりに輝くひときわ明るい星は、七夕の織姫星としても知られる、こと座の1等星ベガです。ベガの南側に輝く明るい星は織姫のお相手の彦星、わし座の1等星アルタイルです。ベガとアルタイルの北側には、はくちょう座の1等星デネブが輝いています。これら3つの1等星を結ぶとできる大きな三角形が、夏の夜空の目印である「夏の大三角」です。南の空は見ごろを迎えた、さそり座やいて座とともに惑星の木星と土星が見えて、にぎやかです。さそり座の1等星アンタレスの東側には、非常に明るい木星が目立ちます。その東側に位置する、いて座には木星より明るさは暗くなりますが、1等星より明るい土星が輝いています。まだ、暑い夜が続きますが、熱中症に気を付けながら、にぎわう夏の夜空をながめてみませんか?

月の満ち欠け

日にち 月の満ち欠け
3日(水曜日) 新月
9日(火曜日) 上弦の月
17日(水曜日) 満月(部分月食)
25日(木曜日) 下弦の月

今月の見どころ

★惑星をみつけよう★

南の空にひときわ明るい星が目立っています。太陽系の最大の惑星・木星です。木星の近くには、さそり座の1等星・アンタレスが見えています南と東の間の低い空には明るい星がみあたらない中、目立っている星があります。木星の次に大きな惑星・土星です。土星は、いて座のところに輝いています。星座を作る星(恒星)と惑星の見え方を観察してみましょう。観察してみると恒星と惑星の見え方は少し違います。恒星はチカチカと輝いて見えますが、惑星は夜空でジーっと光って見えます。方位を確認して星の見え方に注目しながら惑星を見つけてみましょう。

 

詳しく知りたい方は国立天文台のホームページをご覧ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

子ども家庭局子育て支援部児童文化科学館
〒805-0068 北九州市八幡東区桃園三丁目1番5号
電話:093-671-4566 FAX:093-671-4568

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。