ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 保育に関すること > 保育所等における新型コロナウイルスへの対応について
ページ本文

保育所等における新型コロナウイルスへの対応について

更新日 : 2020年7月2日

緊急事態宣言の解除に伴うお礼とお願い(令和2年5月15日付)

緊急事態宣言の解除に伴うお礼とお願い

北九州市長 北橋 健治

【緊急事態宣言の解除】
 5月14日に、福岡県に発令されていた「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態宣言が、5月31日の期限を待たずに、解除されました。

【お礼】
 これまで、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、保護者の皆様には、ご家庭での保育について大きなご負担をお掛けしたことと思います。深く感謝申し上げます。
 また、保育所で勤務する皆様におかれましては、緊急事態宣言の下、日々の保育に取り組んでいただき、厚くお礼を申し上げます。

【段階的な受け入れ】
 緊急事態宣言が解除され、本市においても社会・経済活動が再開に向けて動き出します。これに伴い、国・県においても感染の予防に留意した上で、保育所を原則として開所することが求められています。
 このため、5月18日から3歳未満児の慣らし保育を実施するなど、段階的に受け入れを再開し、5月25日から通常の受け入れを行います。

【厳しい状況での保育】
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症は終息したわけではなく、今後、受け入れ再開とともに、保育所では「3密」を作り出す機会が増えることになり、より厳しい状況の中で保育することとなります。感染リスクが高まったときには、再び受け入れを制限することになります。

【保護者へのお願い】
 保護者の皆様には、今後の保育所の状況をご理解いただいた上で、できる範囲の家庭保育や送迎時等に時間的余裕を持つなど、保育所運営にご協力いただきますようお願いいたします。

【いっしょにがんばりましょう】
 今後も引き続き、子どものいのちと健康を守るため、新型コロナウイルス感染拡大防止に努め、1日でも早く、平穏な日常生活が戻るよう、皆様と、一丸となって取り組んでまいりますので、ご理解と、ご協力をお願いいたします。

新型コロナウィルス感染症に関し家庭保育を実施した際の保育料の取扱いについて

新型コロナウィルス感染症に関する保育料の取扱いについては下記をご覧ください。

医療従事者への支援のための緊急保育事業

 医療従事者が、保育所に安心して子どもを預け、業務に従事できる環境を整備し、医療提供体制を維持するため、医療従事者の子どもが通う保育所が臨時休園した場合など、これまで通っている保育所に預けることが困難になった場合に、医療従事者等の子どもを緊急保育する「医療従事者への支援のための緊急保育事業」を5月2日から開始します。
 緊急保育を行う場所は、「子育てふれあい交流プラザ」と「子どもの館」の2施設です。

【お問い合わせ先】
 子ども家庭局保育課 093-582-2412

新型コロナウイルス感染症対策に関する保育認定の取扱いについて

1 育児休業からの復職について
 通常、育児休業復帰により保育所等の利用を開始された際の復職の期日については、以下のとおり取り扱うこととしています。
 (1)育児休業満了日を以って復職する。
 (2)保育所等の利用が決まれば育児休業期間を短縮する、という場合は、利用開始月の翌月14日までに復職する。

 しかしながら、今般の新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受け、家庭保育のために育児休業取得を延長される場合は、復職期日を延長することが可能です。
 令和2年4月、5月、6月利用開始の保護者の方については、令和2年7月14日まで復職期日を延長できます。
 延長する場合は、利用中の保育所等が所在する区の区役所保健福祉課及び保育所等へ電話等でご連絡ください(勤務先からの要請等により、上記期間を過ぎて、やむを得ず更に育児休業取得の延長を要する場合は、別途ご相談ください)。

2 就労時間について
 通常、保育認定における就労時間の考え方については、以下のとおり取り扱うこととしています。
 保育要件が「就労」の場合は、1ヶ月の就労時間が60時間以上必要であり、
  ・就労時間が60から120時間未満の場合は、保育短時間認定
  ・就労時間が120時間以上の場合は、保育標準時間認定
 となります。

 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響や、家庭での子どもの保育等により、実際の勤務時間が上記の時間未満となった場合でも、雇用契約内容に変更が無い限りは、保育要件は「就労」のまま保育所等を継続利用可能とします。

3 求職活動について
 通常、保育認定における求職活動の認定有効期間は、以下のとおり取り扱うこととしています。
  ・90日が経過する日が属する月の末日までの期間

 しかしながら、今般の新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受け、家庭保育等のために求職活動が困難となった場合は、利用中の保育所等が所在する区の区役所保健福祉課へご相談ください。

 (注)上記取扱いについては、今後の状況の変化等により、変更となる可能性がありますのでご留意ください。

 詳しくは各区役所保健福祉課までご相談ください。

【お問い合わせ先(保育所入所担当窓口)】
 門司区役所保健福祉課    電話:093-331-1891
 小倉北区役所保健福祉課   電話:093-582-3434
 小倉南区役所保健福祉課   電話:093-951-1032
 若松区役所保健福祉課    電話:093-761-5926
 八幡東区役所保健福祉課   電話:093-671-6882
 八幡西区役所保健福祉課   電話:093-642-1448
 戸畑区役所保健福祉課    電話:093-881-9126
 子ども家庭局子ども家庭部保育課   電話:093-582-2412

【新型コロナ】子育ての不安や悩み相談

 新型コロナウイルス感染拡大防止により、家庭で過ごすことが多くなっているなか、子育てに対して不安やストレスを感じていませんか。
 子育て支援サロン“ぴあちぇーれ”では、保育士・保健師の資格をもったコーディネーターが、育児に悩む保護者の相談に応じます。
 また、育児に関する幅広い情報の集約・適切な育児情報の提供を行い、相談内容によっては関係機関とのコーディネート等を行います。
 ひとりで悩まずに何でもご相談ください。電話やメールで受け付けます。

 子育て支援サロン”ぴあちぇーれ″(外部リンク)

保育所等における新型コロナウィルス対策関連通知

関連リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部保育課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2412 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。