ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 小・中・特別支援学校 > 教育委員会の取組み > 小倉北特別支援学校と北九州中央高等学園の整備事業について
ページ本文

小倉北特別支援学校と北九州中央高等学園の整備事業について

更新日 : 2021年3月24日

 現在、特別な教育的支援が必要な児童生徒が増加しています。特に小倉北特別支援学校では教室が不足しており、また敷地が狭いため、適切な広さの運動場や安全面に配慮したスクールバスターミナルが整備できていません。

 また、両校ともに築40年以上であり、「北九州市学校施設長寿命化計画」のAからD評価のうち「C」評価(広範囲に劣化)と判定され老朽化が進んでいます。さらに現在行っている作業学習(パン製造・木工作業・手織り)が企業のニーズに対応しきれていない状況にもあります。今後は作業学習を通じて企業の求める人材を育成するとともに、将来の職業需要の変化に柔軟に対応できる作業教室の整備が必要となっています。

 これらの課題を解消するため、小倉北特別支援学校と北九州中央高等学園を東芝北九州工場跡地に建替え整備を検討しており、令和7年度中の供用開始(予定)を目指して事業を進めています。

 今回の整備により、適切な教育環境の確保や狭あい化の解消などの課題解決が図れるとともに、2校の児童生徒にとって進路選択の幅が広がったり、社会性・コミュニケーション能力の育成を図ったりすることができると考えています。

施設整備の概要について

1 事業概要

現状

【小倉北特別支援学校】
 所在地:北九州市小倉北区下到津四丁目
 敷地面積:7,931平方メートル
 建物構造:鉄筋コンクリート造3階建て
 延床面積:6,112平方メートル

【北九州中央高等学園】
 所在地:北九州市戸畑区沢見一丁目
 敷地面積:15,762平方メートル(戸畑高等専修学校と共用して使用)
 建物構造:鉄筋コンクリート造4階建て
 延床面積:4,627平方メートル

建替え後(予定)

【2校併置】
 所在地:北九州市小倉北区下到津一丁目
 敷地面積:約21,500平方メートル
 建物構造:鉄筋コンクリート造3階建て(予定)
 延床面積:13,260平方メートル (2校の学校配置・面積はこれから検討します。)

2 整備スケジュール(予定)

 ・令和2年度から令和4年度  基本計画、基本設計、実施設計
 ・令和5年度から令和7年度  校舎等建築工事、グラウンド整備工事
 ・令和7年度中  供用開始予定

「小倉北特別支援学校と北九州中央高等学園の整備事業」に係る公共事業評価の結果等に対する市民意見募集結果及び市の対応方針について

 令和2年12月15日から令和3年1月14日まで実施しました「事業概要(公共事業事前評価調書)及び市の対応方針(案)に関する市民意見募集」につきましては、貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございました。

 皆様からお寄せいただいたご意見の概要及びこれに対する市の考え方を次のとおり公表いたします。

 なお、ご意見は一部要約して掲載しています。ご了承ください。

1 実施時期

令和2年12月15日から令和3年1月14日まで(31日間)

2 意見提出状況

(1)意見提出者 4人

(2)提出された意見数 11件

   内訳)

   整備内容に関すること 11件

3 対応方針

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

教育委員会総務部企画調整課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-2357 FAX:093-581-5871

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。