本文を読み上げる
月曜から金曜 9時から17時 093-522-8765
文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

認知症チェックリスト

認知症かな?と思ったら、早めに専門の医師の診察を受けることが大切です。
このチェックリストで、認知症の初期症状かどうかをチェックしてみましょう。

もの忘れは、加齢による老化現象のひとつでもあるため、もの忘れがあるからといって認知症であるとは限りません。
加齢によるもの忘れの場合は、経験したことを部分的に忘れることに対し、認知症の記憶障害の場合は、経験したことそのものを忘れてしまう特徴があります。
このチェックリストで、認知症の初期症状かどうかをチェックしてみましょう。
結果は、あくまで目安にすぎません。 心配なかたは、かかりつけ医やものわすれ外来、認知症疾患医療センターにご相談ください。

下記認知症チェックリストを参考にして、点数をつけてください。

【点数の目安】

0から8点 <正常>
もの忘れも老化現象の範囲内です。 疲労やストレスにより点数に影響が出る場合もありますので、点数が8点に近い場合は、気分の違う時に再チェックをしてみてください。
9から13点 <要注意>
家族に再チェックしてもらったり、数ヶ月単位で間隔を置いて再チェックしたりしてみましょう。 また、認知症予防策を生活に取りいれてみましょう。
14から20点 <要診断>
認知症の初期症状が出ている可能性があります。 家族にも再チェックしてもらい、結果が同じなら、認知症専門外来への受診をおすすめします。
認知症チェックリスト ダウンロードする

【認知症簡易チェックリスト】

上記のチェックをインターネット上で行うこともできます。
北九州市認知症疾患医療センターのウェブサイトにて是非試してみてください。

認知症疾患医療センターホームページ(外部リンク) サイトを見る

お問い合わせ先

北九州市 認知症支援・介護予防センター 電話 093-522-8765 FAX 093-522-8773