ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 観光・レジャー施設 > ひびき海の公園 > 脇田海釣り桟橋 > 釣果情報 > 釣果情報(令和元年7月7日~令和元年8月17日) 
ページ本文

釣果情報(令和元年7月7日~令和元年8月17日) 

更新日 : 2019年9月4日

8月11日~8月17日  有料入場者数 (530名)

魚種 大きさ 釣果 備考
アジ 20~24センチメートル 10~30匹 サビキ釣り 
チヌ・メイタ 28~49センチメートル 全体で8匹 フカセ釣り
クロ 30センチメートル 全体で2匹 フカセ釣り
ヒラゴ 48~60センチメートル 全体で5匹 泳がせ釣り
スズキ 70センチメートル 1匹 泳がせ釣り
カワハギ 23~27センチメートル 全体で4匹 カワハギ仕掛

桟橋情報 
豆アジは3連チャン4連チャンと入れ喰いで、小型クーラー一杯の人も。
又、台風の時化後20センチメートルクラスの中アジが、10~30匹/1人釣れていた。
泳がせではヒラゴ50~60センチメートル、ネリゴ、ヤズ等の青物が良く上っていた。
フカセ釣りでも時化後、チヌ・メイタが良く上がり50センチメートル弱の大型も姿を見せていた。
カワハギも日によって良型が釣れていた。

8月4日~8月10日  有料入場者数 (328名)

魚種 大きさ 釣果 備考
アジ 20~22センチメートル 10~30匹 サビキ釣り 
チヌ・メイタ 31~41センチメートル 全体で4匹 フカセ釣り
クロ 26~31センチメートル 全体で5匹 フカセ釣り
ヒラゴ 50~56センチメートル 全体で3匹 泳がせ釣り
ネリゴ 30センチメートル 全体で2匹 泳がせ釣り
イシガキダイ 28センチメートル 1匹  

桟橋情報 
豆アジは好調に釣れ出した。日によって中アジが10~30匹程交じっていた。
又、小アジの泳がせではヒラゴ、ネリゴ等の青物が上がった。
フカセ釣りではクロ、チヌ、バリ、コダイ等がポツポツの釣果だった。
 

7月28日~8月3日  有料入場者数 (404名)

魚種 大きさ 釣果 備考
アジ 8~12センチメートル 20~40匹 サビキ釣り 
チヌ・メイタ 31~50センチメートル 全体で5匹 フカセ釣り
クロ 25~30センチメートル 全体で6匹 フカセ釣り
アラ 54センチメートル 1匹 泳がせ釣り
タイ 25~27センチメートル 全体で3匹 フカセ釣り
カワハギ 23~27センチメートル 全体で6匹 カワハギ仕掛

桟橋情報
猛暑が続いており、小・中アジの姿は見えないが、豆アジはポツポツ釣れている。
又、アジの泳がせではアラ54センチメートルが釣れた。
クロはマキエに群れる大型の姿が見えるが、喰いが渋く手の平中心の釣果。
カワハギは数は少ないが良型が釣れていた。

アラが釣れました。
7月31日 アラ54.5センチメートル 工藤様

7月21日~7月27日  有料入場者数 (216名)

魚種 大きさ 釣果 備考
アジ 6~16センチメートル 10~15匹 サビキ釣り 
チヌ・メイタ 34~45センチメートル 全体で7匹 フカセ釣り
クロ 25~30センチメートル 全体で10匹 フカセ釣り
サンバソウ 25~27センチメートル 全体で2匹 泳がせ釣り
コダイ 22~28センチメートル 全体で3匹 フカセ釣り

桟橋情報
豆アジは今週もポツポツ釣れている。
クロも変わらずに手の平サイズ中心だが、25~30センチメートル級も交じっている。
又、フカセではチヌ、サンバソウ、バリ、コダイ等もポツポツ上がっている。

チヌとタイが釣れています。
7月27日 チヌ41センチメートル・34センチメートル タイ28センチメートル 山住様

7月14日~7月20日  有料入場者数 (253名)

魚種 大きさ 釣果 備考
アジ 15~17センチメートル 5~30匹 サビキ釣り 
チヌ・メイタ 38センチメートル 全体で1匹 フカセ釣り
クロ 25~29センチメートル 全体で5匹 フカセ釣り
ヒラゴ 50センチメートル 1匹 泳がせ釣り
バリ 30~35センチメートル 全体で5匹 フカセ釣り
マダイ 28~30センチメートル 全体で2匹 フカセ釣り

桟橋情報
豆アジ7~10センチメートルが、日によってポツポツ釣れている。
小アジは、14~15日の2日間のみ数は少ないながら釣れていた。
クロは手の平中心に、25~30センチメートル級もつれている。
その他、メイタ、マダイ、バリ、ヒラゴ等が時折上がっていた。

7月7日~7月13日  有料入場者数 (199名)

魚種 大きさ 釣果 備考
アジ 6~10センチメートル 10匹 サビキ釣り 
チヌ・メイタ 35~47センチメートル 全体で7匹 フカセ釣り
クロ 23~30センチメートル 全体で30匹 フカセ釣り
ヒラメ 30~35センチメートル 全体で2匹 泳がせ釣り
ヒラマサ 100センチメートル 1匹 泳がせ釣り
タイ 48センチメートル 1匹 フカセ釣り
サンバソウ 30センチメートル 1匹 フカセ釣り
スズキ 50~77センチメートル 全体で2匹 泳がせ釣り

桟橋情報
フカセ釣りでの魚の活性が上向いてきたようで、クロは手の平サイズ中心に25~30センチメートルが交じって釣れていた。チヌ・メイタ、タイ、サンバソウ、バリ等も上がっていた。
一方、アジ釣りはミニサバの中に豆アジが少々交じって釣れる程度で、不漁が続いている。
小アジの泳がせ釣りでは、ヒラマサ100センチメートルの大物がヒットしていた。
その他、スズキ、ヒラメ(小型)、アコウ等も泳がせ釣りで時折釣れていた。

スズキが釣れました。
7月7日 スズキ77センチメートル 園田様
タイが釣れました。
7月10日 タイ48センチメートル 友川様

このページの作成者

産業経済局農林水産部水産課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2086 FAX:093-591-2566

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。