ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 商・工業振興 > 企業支援 > ビズマッチ推進事業 > 平成22年度 ビズマッチ推進事業の実施状況
ページ本文

平成22年度 ビズマッチ推進事業の実施状況

「テクニカルショウヨコハマ2011」に9社が出展しました!

展示会の概要

名称 テクニカルショウヨコハマ2011
会期 平成23年2月2日(水曜日)~4日(金曜日)の3日間 午前10時~午後5時
会場 パシフィコ横浜(横浜市)
主催 神奈川県産業振興センター他
出展社数 383社
ホームページ http://www.tech-yokohama.jp/tech2011/
入場者数 3日間 延べ30,176人(主催者発表)

出展企業の概要

番号 出展企業 出展内容
1 アジア技研(株) スタッド溶接機、スタッド溶接ロボット
2 (株)陽和 プラスチック精密加工品
3 (株)KHI ゆるみ止めナット及び脱落防止スプリング
4 (株)フジコー マスクシールドタイル、マスクスクリーン
5 (株)戸畑ターレット工作所 非鉄金属鋳造品、アルミダイカスト品
6 戸畑鉄工(株) ロストワックス精密鋳造品
7 白石鉄工(株) 厚板曲加工技術
8 グランド印刷(株) 紙資材のディスプレイ材
9 リーフ(株) 球体駆動式全方位移動装置

 出展者アンケートの結果

(出展者アンケート 平成23年10月実施)
 

(1)商談の成果について

成約済み・成約確実件数 2件
成約見込み件数 10件
成約確実金額 310万円
成約見込み金額 2,300万円

 (2)商談の事例について

  • 具体的な発注があった。
  • 展示品を工場のラインに取り入れたいという話があった。
  • 図面と製品写真を預かり、見積り依頼を受けた。
  • 展示品を応用したものを共同開発したいという話があった。
  • 競合金額を実際に聞くことができ、受注の可能性が高いことがわかった。
     

(3)共同出展の感想について

  • 「北九州市」ブースということが、顧客に信頼感や安心感を与えることができた。
  • 共同出展のため、相互に企業紹介・製品紹介ができ、企業同士の交流が図れた。
  • ブースの設置場所や向きも良く、通路からの視点に対するブースアピールの変更にも迅速に対応してもらえたことが良かった。
製品を説明している様子です
共同出展ブース「ものづくりのまち北九州」
製品を説明している様子です
技術プレゼンテーション
製品を説明している様子です
商談風景

このページの作成者

産業経済局雇用・生産性改革推進部中小企業振興課
〒804-0003 北九州市戸畑区中原新町2番1号 北九州テクノセンタービル1階
電話:093-873-1433 FAX:093-873-1434
予備電話:093-873-1510

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。