ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 農林業・水産業振興 > 農林業の振興 > 鳥インフルエンザ > 鳥インフルエンザ対策 > 平成26年12月及び平成27年1月の山口県・佐賀県等における高病原性鳥インフルエンザ発生と北九州市の対応について
ページ本文

平成26年12月及び平成27年1月の山口県・佐賀県等における高病原性鳥インフルエンザ発生と北九州市の対応について

佐賀県における高病原性鳥インフルエンザの発生について

平成27年1月18日、佐賀県西松浦郡有田町において今冬5例目の高病原性インフルエンザが確認されました。平成27年1月18日午前、市立総合農事センターが市内養鶏農家に対し、本市では鶏に異常がないことを確認しました。
また、市内の養鶏農場に対して、高病原性鳥インフルエンザウィルスを農場へ侵入させないよう注意喚起を図るとともに、消毒の徹底を指導し、本病の発生とまん延防止に努めています。

平成27年2月5日搬出制限区域(半径3~10km)を解除。

平成27年2月11日移動制限区域(半径3km以内)を解除

岡山県における高病原性鳥インフルエンザの発生について

平成27年1月15日、岡山県笠岡市において今冬4例目の高病原性鳥インフルエンザが確認されました。平成27年1月16日午前、市立総合農事センターが市内養鶏農家に対し、本市では鶏に異常がないことを確認しました。
また、市内の養鶏農場に対して、高病原性鳥インフルエンザウィルスを農場へ侵入させないよう注意喚起を図るとともに、消毒の徹底を指導し、本病の発生とまん延防止に努めています。

平成27年2月7日搬出制限区域(半径3~10km)を解除。

平成27年2月14日移動制限区域(半径3km以内)を解除

山口県における高病原性鳥インフルエンザの発生について

平成26年12月30日、山口県長門市において今冬3例目の高病原性鳥インフルエンザが確認されました。平成26年12月30日午前、市立総合農事センターが市内養鶏農家に対し、本市では鶏に異常がないことを確認しました。
また、市内の養鶏農場に対して、高病原性鳥インフルエンザウィルスを農場へ侵入させないよう注意喚起を図るとともに、消毒の徹底を指導し、本病の発生とまん延防止に努めています。

平成27年1月16日搬出制限区域(半径3~10km)を解除。

平成27年1月23日移動制限区域(半径3km以内)を解除。同日、山口県は高病原性鳥インフルエンザの終息宣言を行ないました。

宮崎県における高病原性鳥インフルエンザの発生について

平成26年12月28日、宮崎県宮崎市において今冬2例目の高病原性鳥インフルエンザが確認されました。

平成26年12月29日午前、市立総合農事センターが市内養鶏農家に対し、本市では鶏に異常がないことを確認しました。
また、市内の養鶏農場に対して、高病原性鳥インフルエンザウィルスを農場へ侵入させないよう注意喚起を図るとともに、消毒の徹底を指導し、本病の発生とまん延防止に努めています。

平成27年1月13日搬出制限(半径3~10km)を解除。

平成27年1月20日移動制限区域(半径3km以内)を解除。

平成26年12月16日、宮崎県延岡市において今冬1例目の高病原性の疑いのある鳥インフルエンザが確認されました。

平成26年12月16日午前、市立総合農事センターが市内養鶏農家に対し、本市では鶏に異常がないことを確認しました。
また、市内の養鶏農場に対して、高病原性鳥インフルエンザウィルスを農場へ侵入させないよう注意喚起を図るとともに、消毒の徹底を指導し、本病の発生とまん延防止に努めています。

平成26年12月31日搬出制限(半径3~10km)を解除。

平成27年1月7日移動制限区域(半径3km以内)を解除。

市民の皆さまへ

感染した鶏の肉や卵が市場に出回ることはありません。
鳥インフルエンザウィルスの人への感染は、濃厚接触により、その体液や排せつ物を吸飲したり、生肉を摂食したりすることで起こります。
十分に加熱処理された鶏肉や鶏卵からの感染は確認されておりません。

高病原性鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省ホームページ外部リンク)

北九州の対応状況

北九州市では、本市の危機管理基本指針を踏まえ、高病原性鳥インフルエンザについて対応方法を整備し、事前の予防や発生時の迅速な対応ができるよう努めています。

1 養鶏農家への啓発

 過去、国内で高病原性鳥インフルエンザが発生したとき、市内の養鶏農家に対して異常がないか聞きとり調査を実施しています。
 今後も養鶏農家に対し、消毒の実施や家きんと野鳥、害虫との接触防止について指導を行い、本市での発生を防いでいきます。

2 対応体制の整備

市役所内部の関係局部で構成する「北九州市高病原性鳥インフルエンザ連絡会議」において、研修などの実施や情報の共有化を図っています。
また、万が一、市内や近隣市町村で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合は、速やかに危機レベルに応じた態勢がとれるように組織体制を整備しています。

3 市民の皆さまへの情報提供

高病原性鳥インフルエンザが発生した場合は、速やかにホームページなどを通じて、市民の皆さまへ情報を提供する態勢を整えています。また、当ホームページでは、県からの情報提供を受けて、国内での発生状況などの情報を更新します。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局農林水産部農林課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2078 FAX:093-582-1202

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

鳥インフルエンザ

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市民のこえ(ご提案・ご相談)
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時