ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 商・工業振興 > 食事提供施設における営業時間の短縮要請の緩和に伴い、営業を再開する店舗における感染防止の取組みについて(お願い)
ページ本文

食事提供施設における営業時間の短縮要請の緩和に伴い、営業を再開する店舗における感染防止の取組みについて(お願い)

更新日 : 2020年5月14日

 福岡県においては、緊急事態宣言下で食事提供施設の営業時間の短縮について協力を要請していましたが、令和2年5月14日に緊急事態宣言が解除され、食事提供施設に対する営業時間の短縮等の要請が解除されることになりました。

 これを受けて、本市では、飲食店等が営業再開や時間を延長するにあたり、感染防止を徹底するため、主な感染経路である飛沫感染や接触感染への対策を取り入れた、「新しい生活様式」に沿った、事業者の皆さまが実施し得る取組み例を別添のとおり「思いやりの店づくりガイドライン」にまとめました。

思いやりの店づくりガイドラインについて

1 従業員の感染予防策の徹底

日頃から、従業員の感染予防策を徹底し、従業員に体調の変化があった場合にすぐに気付ける体制づくりを心掛けてください。

  1. 従業員に健康観察を要請(体温の測定や発熱時などの事業主への連絡と自宅待機)。
  2. 従業員にマスクの着用、出勤時や食器・飲食物取扱い時の手洗いや手指の消毒などを徹底させる。
  3. 従業員が体調不良時に休みを取りやすい職場環境の整備に努める。

2 お客さまへの啓発

  1. お客さまにマスクの着用や手洗い・手指の消毒を促すため、店内に啓発ポスターを掲示するなど啓発にご協力ください。
  2. 発熱のある方、軽度であってもせきやのどの痛みなど風邪の症状がある方は店舗への入場を控えていただくよう、入口に注意事項の掲示などを行ってください。

3 店舗内の感染防止の取組み例

新型コロナウイルスの主な感染経路である接触感染と飛沫感染です。そのため、人との間隔はできるだけ2メートル(最低1メートル)空けていただく、もしくは間仕切りの設置などにより直接的な接触を減らすなど、以下の取組み例を参考に、各店舗の状況に応じた積極的な対策を実施してください。

(1) 消毒の徹底

  • 高い頻度で接触がおこる箇所(テーブルやいすの背もたれ、ドアノブ、手すり、電気のスイッチ、電話、キーボード、タブレット、タッチパネル、レジ、蛇口、エレベーターのボタン、リモコンのボタン、マイクなど)は特に消毒を徹底する。
  • あらかじめ1時間に1回など消毒時間を決め、定期的な消毒を心掛ける。
  • 客の入れ替えのタイミングで消毒を行う。
ドアノブをアルコールで消毒する写真

(2)換気の徹底

  • 換気を30分に1回以上、数分間程度、窓を全開にして行う。
  • 空気の流れを作るため、複数の窓がある場合は二方向の窓を開放する。窓が1つしかない場合は、ドアを開ける。
  • 窓がない場合は、客室用の換気扇を設置するなどして換気を徹底する。
  • ビル等で機械換気による場合は、設備の適切な運転や消毒を行う。
店舗のドアを開けて、換気をしている写真

(3)消毒液の設置

  • 店舗入り口に消毒液を設置し、入店時の消毒を呼びかける。
アルコール消毒液を設置している写真

(4)カウンター

  • 対面で接客する場所には従業員と客の間に透明ビニールカーテンやアクリル板等の間仕切りを設置する。
  • 席数を減らす。難しい場合は客と客の間にアクリル板等の間仕切りを設置する。

(5)テーブル

  • 席数を減らす。難しい場合はテーブルとテーブルの間に、衝立やアクリル板等の間仕切りなどを設置する。
  • できるだけ対面にならないよう椅子を配置する。難しい場合は衝立やアクリル板等の間仕切りなどを設置する。

(6)個室・座敷

  • 換気のできない密閉した個室や区分できない座敷の大人数での使用は行わない。
カウンターに間仕切りを設置している写真

(7)メニューや箸などの共有物品の撤去

  • メニューや箸、取り皿、調味料、つまようじなどはテーブルやカウンターから撤去し、来客の都度、必要な数のみを提供する。

(8)料理の提供

  • ビュッフェ形式や大皿での料理の提供は行わず小分けにして提供する。

(9)トイレ

  • 不特定多数が接触する箇所(ドアノブ、便座、レバー、電気のスイッチ、蛇口など)は念入りに拭き取り消毒を行う。
  • ハンドドライヤーの使用は止め、ペーパータオルを設置する。
ハンドドライヤーの使用を禁止している写真

(10)会計

  • レジなど対面で接客する場所には従業員と客の間に透明ビニールカーテンやアクリル板等の間仕切りを設置する。
  • お金の受け渡しは直接行わず、トレー等を使用して行う。
レジに間仕切りを設置している写真

(11)待合スペース

  • 待合スペースの間隔を広くする措置
  • 備え付けた雑誌や書籍の撤去や利用の自粛
  • 頻繁に接触する箇所(テーブル、椅子)の消毒
  • 定期的な消毒のほか、客の入れ替えのタイミングで消毒を行う。

(12)ゴミの廃棄

  • 鼻水、唾液などが付いたゴミは、ビニール袋に入れ密閉して廃棄する。
  • ゴミを回収する人は、マスクや手袋を着用する。

(13)入店人数の調整・制限

  • 通常時よりも一日当たりの来店客数を抑制する。
  • 予約制の導入やピーク時間以外の時間帯の割引を実施する。
  • ピーク時間を掲示し、お知らせする。
入店制限の張り紙が張られた写真

(14)滞在時間の短縮

  • 時間制限を設けるなど、客の滞在時間を短くする取り組みを行う。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局地域・観光産業振興部商業・サービス産業政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2050 FAX:093-591-2566

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。