ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 商・工業振興 > 街バルイベントやはしご酒大会への助成を行います!【飲み歩き街バル等支援事業】
ページ本文

街バルイベントやはしご酒大会への助成を行います!【飲み歩き街バル等支援事業】

更新日 : 2020年11月4日

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、今年度は多くの行事・イベントが中止や延期となりました。

そこで、本市では、市内各地に少しずつ賑わいを取り戻すため、今年度開催予定のある街バルイベントやはしご酒大会の運営に要する経費の一部を助成します。

募集チラシ(PDF形式:182KB)はこちら

募集要項(PDF形式:204KB)はこちら

補助金交付要綱(PDF形式:102KB)はこちら

助成対象事業

  1. 街バルイベント、はしご酒大会
  2. チケットレスイベント

 チケットレスイベントとは、「紙チケットを発行せず、電子チケットを発行して行うイベント」をいいます。

対象要件

  • 参加店舗が10店舗以上であること。
  • 特定の場所に多数の人が密集するような取組みでないこと。
  • すべての参加店舗が業界団体の定めるガイドラインを遵守すること。また、参加店舗における営業に際して遵守すべき各種法令に違反していないこと。
  • すべての参加店舗が福岡県が定める感染防止宣言ステッカー(以下、「ステッカー」という。)に登録していること。なお、イベントを実施する際は、ステッカー登録時に申請した感染防止対策チェック項目内容を必ず店舗内に必ず掲示すること。

対象者

北九州市内に住所を有するに次に掲げる団体

  1. 商店街
  2. 飲食店等団体
  3. まちづくり団体
  4. 上記1から3までのいずれかの団体を含み構成する実行委員会

対象要件

  • 4名以上で構成され、規約等を制定している団体で営利を目的としていないこと。
  • イベントの実施にあたり、安全対策及び新型コロナウイル感染防止対策を講じること。
  • イベントにおいて、新型コロナウイルス感染者が発生した場合に、保健所が行う調査に協力すること。
  • 補助対象者の役員及びイベント参加店舗の代表者が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(以下、「暴対法」という。)第2条第2項に規定する暴力団又は同条第6号に規定する暴力団員でないこと。
  • 暴対法第2条第2号に規定する暴力団又は暴力団員と密接な関係を有しないこと。

対象となる経費

街バルイベント、はしご酒大会の運営に要する広報、事務費等

(1)広報に要する経費
  • イベントチラシ、ポスターの製作・印刷経費
  • その他イベントの開催を周知するための広報物
(2)イベントチケット製作費
  • イベント開催に係る販売チケットの製作・印刷経費
(3)会場設営費
  • チケットの事前販売における会場設営費
  • イベント当日における受付などの会場設営費
(4)雇用するアルバイトに対して支払う賃金
  • 事業期間中に雇用し、実働したアルバイトに対して支払う賃金
(5)イベントの開催に必要な消耗品、事務用品
  • 筆記具、用紙、手提げ袋、その他材料・資材など
  • イベントの開催にあたり、コロナ対策に必要な消耗品等の経費

チケットレスイベント(実施団体のみ)

チケットレス導入及びその運用に係る経費

  チケットレスイベントを実施する場合は、申請前に必ず北九州市と事前協議を行ってください。

(注1)対象外となる経費は、「北九州市飲み歩き街バル支援事業 募集要項」をご確認ください。また、対象可否について、判断できない場合は、必ず事前にご相談ください。

 

助成金額

  1. 街バルイベント、はしご酒大会の運営に要する助成対象経費の全額(上限50万円)
  2. チケットレスイベントを実施する場合、さらに50万円を上限に上乗せ

(注1)同一の申請者が行う本補助金の交付申請は上記1、2それぞれ2回を限度とします。

(注2)企業・団体等からの協賛金及び寄付金等の収入がある場合は、次の方法により補助金額を算出します。

  1. (計算した補助金額(上限50万円)+協賛金等)の収入を算出します。
  2. 1で算出した金額が、

   【助成対象経費を超えない場合】 ⇒ 助成対象経費の全額(上限50万円)

   【助成対象経費を超える場合】 ⇒ 助成対象経費から協賛金等の収入を差し引いた金額

助成対象期間

令和2年11月5日(木曜日)から令和3年3月21日(日曜日)までに開催されるイベント

(注1)助成対象期間内で事業期間を設定する必要があります。事業完了日は、事業に関するすべての業務等(支払事務等)が完了する日とし、最長でイベント最終日から一ヵ月後までとします。ただし、年度(令和3年3月31日)を越して事業期間を設けることはできません。

(注2)事業期間外に発注したもの、支払を行った経費は対象外です。

申請受付期間

令和2年11月5日(木曜日)から令和3年1月15日(金曜日)まで (当日消印有効)

申請書類の提出について

(1)申請書類(本ページ下部からダウンロードしてください。)

  1. 補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 事業計画書(市指定様式)
  3. 主催団体役員名簿(別紙1)
  4. 参加店舗名簿(別紙2)

(2)添付書類

  1. 収支予算書
  2. 主催団体の定款・規約、経理規程
  3. 主催団体役員及び参加店舗代表者の本人確認資料(運転免許証の写しなど)
  4. 申請金額の根拠資料 (見積書の写しなど)

(3)申請書類の提出

  原則、郵送での提出となります。必ず「書留」で送付してください。

  【郵送提出先】〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号  北九州市産業経済局商業・サービス産業政策課 

(注)現在、市役所本庁舎は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方の入場を制限しています。やむを得ず、申請書類を持参して提出する必要がある場合は、事前に産業経済局商業・サービス産業政策課(093-582-2050)までご連絡ください。

(4)申請時の留意事項

  • 必要に応じて、追加資料の提出及び説明などを求める場合があります。
  • 申請に係る経費は、申請者の負担となります。
  • 提出された申請書類は、返却しませんので、必要に応じて写しを保管してください。

その他留意事項

  • 対象経費について、既に他の補助制度に基づいて補助金の交付を受け、又は受けることが決定しているものに対しては、補助金を交付しません。また、本市の補助金を受けたことにより、対象経費について、同様の他の補助制度を受けられなくなる場合がありますので、ご注意ください。
  • 申請内容に虚偽や不正があることが発覚した場合は、補助金を返還いただくほか法的責任を問われることがあります。
  • 申請されたイベント以外の目的の利用が分かった場合、補助金を返還いただくことがあります。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局商業・MICE推進部商業・サービス産業政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2050 FAX:093-591-2566

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。