ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 市の産業・雇用戦略及び景況 > KTQ INNOVATION SUMMIT 2020(北九州イノベーションサミット)
ページ本文

KTQ INNOVATION SUMMIT 2020(北九州イノベーションサミット)

更新日 : 2020年2月13日
北九州イノベーションサミットチラシ

 3月29日(日曜日)、リバーウォーク北九州6階の 北九州芸術劇場中劇場にて「北九州からブチ抜け!イノベーションへのチャレンジ」をテーマとしたイベントを開催します。参加する方全員のチャレンジ精神に火がつく、とにかくワクワクを体感できる1日となるはずです!年齢職種問わず、どなたでもご参加いただけます。学生の方も大歓迎です!参加者一人一人がこれまでの枠を突破し、新しいモノや考えを生み出す力を引き出す、そのきっかけとなるような企画を準備しております。みなさんのご来場をお待ちしています!

【日時】 2020年3月29日(日曜日)14時00分から18時30分まで

【会場】 北九州芸術劇場中劇場(北九州市小倉北区室町一丁目1番1号リバーウォーク北九州6階)

基調講演

株式会社ユカシカド代表取締役社長美濃部慎也氏の写真

【テーマ】
イノベーターから知る!ブチ抜くための必要なコト。「世界発のサービスで世界の栄養問題への挑戦」

【講演者】
株式会社ユカシカド
代表取締役社長 美濃部 慎也 氏


大学時代は関西学院大学アメリカンフットボール部に所属。新卒で株式会社リクルート(現株式会社リクルートホールディングス)に入社し、人材領域の営業・企画を経て単身でオイシックス株式会社(現オイシックス・ラ・大地株式会社)に出向し事業企画に従事。リクルートとオイシックスのJVの立ち上げに携わった後、2013年3月に株式会社ユカシカドを設立し、代表取締役に就任。同社は栄養改善に特化した商品・サービスを開発している会社。2017年には自宅でできる世界初の栄養検査サービス『VitaNote(ビタノート)』を開始し、「経済産業省ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト 2018 優秀賞」を受賞。1Hero 1Missionを掲げ、国内外を問わず平等な環境と機会の創造に全力を尽くし、努力できる才能を持っている人が強くなれる世界を本気で作ることを目指し活動中。

パネルディスカッション 北九州発!話題の若手経営者と大学准教授が終結!

『ローカル発イノベーションの作り方!北九州発若手経営者座談会』

オーエーセンター株式会社
代表取締役社長 吉武 太志 氏

九州産業大学卒業後、オーエーセンター株式会社に入社し、通信事業を手掛ける。2015年官営八幡製鐵所関連施設が世界文化遺産に登録された事をきっかけに、同社の飲食事業部門にて北九州らしさを前面に出したお土産「ネジチョコ」を製造、販売開始。その反響は大きく日本全国、海外からも注文が殺到している。

オーエーセンター株式会社のホームページはこちら(外部リンク)

キャンプ女子株式会社
CEO 橋本 華恋 氏

北九州市立大学卒業後、会社員として働く中、日々のストレスを癒すために友人に誘われキャンプに行ったことをきっかけに、キャンプに魅了される。2018年「キャンプ女子/キャンジョ」コミュニティ立ち上げ、2019年キャンプ女子株式会社を設立。業界初のサービスを展開。福岡デジタルビジネスコンテンツ賞受賞。

キャンプ女子株式会社のホームページはこちら(外部リンク)

クアンド 代表取締役
CEO 下岡 純一郎 氏

九州大学理学部、京都大学大学院卒業後、P&G(商品企画・生産管理)、博報堂コンサルティングを経て、2017年株式会社クアンドを設立。同社は2017年度「北九州でIoT」プロジェクトの採択チームであり、StartupGOGO!、フクオカベンチャーマーケット大賞など数多くのイベントで受賞している。

株式会社クアンドのホームページはこちら(外部リンク)

九州工業大学大学院 生命体工学研究科 人間知能システム工学専攻
准教授 井上 創造 氏

九州大学大学院システム情報科学研究科博士後期課程修了。2009年より九州工業大学大学院工学研究院基礎科学研究系准教授、2018年より同大大学院生命体工学研究科、現在に至る。8ヵ国からの21名の学生とともに、スマホを用いた人間行動認識、医療、介護へのビッグデータ応用に取り組む。

九州工業大学のホームページはこちら(外部リンク)

パネルディスカッション登壇予定者の写真
登壇予定者(写真左より:吉武氏、橋本氏、下岡氏、井上氏)

IoT Maker’s Acceleration Program in 北九州 成果発表(5チーム)

(Supported by 第一交通産業株式会社、株式会社LAC、株式会社YE DIGITAL(旧:安川情報システム株式会社))

 今年度で3回目の開催となるIoTをテーマとしたビジネスプランコンテスト「IoT Maker’s Acceleration Program in 北九州(通称「北九州でIoT」)(外部リンク)」の成果発表を行います。昨年9月の公開プレゼン審査会を通過した5チームが、約半年間のブラッシュアップの結果(試作品等)を披露します。

 当日は、「北九州でIoT」の豪華メンター陣3名も来場予定です。
 ・株式会社ABBALab 代表 小笠原 治 氏
 ・株式会社Shiftall 代表取締役CEO 岩佐 琢磨 氏
 ・株式会社マクアケ 取締役 木内 文昭 氏

来場予定の豪華メンター陣3名の写真

ヨクト株式会社

登壇チーム「ヨクト」の写真

ヨクト株式会社
IoTセンサーヨガマットを利用したクラウドヨガサービス」

【製品説明】
ヨガ愛好者必見!IoTヨガマットによるセンサリングとクラウド連携によって、安全・的確なセルフヨガや効果的なレッスンが可能になります。
【制作チーム】
ヨガ×システム×AIの全てに知見を有するのはヨクトだけ。ヨガへの深い造詣と豊富な開発実績を武器に、"健康な人をひとりでも多く"を願い、ITxヨガの融合したサービスを開発していきます。彼らが巻き起こす”ヨガ革命”にご期待ください!

島田電子工業株式会社

登壇チーム「島田電子工業」の写真

島田電子工業株式会社
「金型IoT管理システム『Mold Connection』」

【製品説明】
「製造に必要な金型は、金型屋が作り、使う企業が管理する。」私たちはこれまでの業界の常識を疑い、作り手・使い手の双方により有意義な仕組みを、IoTを通じて提供します。
【制作チーム】
弊社は40年以上、光センサーの製造を行ってきたメーカーです。現在は第2創業期として、これまでのセンシングおよび製造技術を応用し、IoT分野にも注力しています。「北九州でIoT」を通じて、北九州からIoTで、日本製造業の変革を支援します。

エネフォレスト株式会社

登壇チーム「エネフォレスト」の写真

エネフォレスト株式会社
人がいる空間でも紫外線で空気環境対策を可能にした『エアロシールド』」

【製品説明】
UVGI(紫外線殺菌照射)方式を採用した空気の殺菌装置です。人がいる空間に影響を及ぼすことなく24時間紫外線殺菌が可能な国内唯一の装置です。
【制作チーム】
私達は「大切な人たちが心身健康に暮らせる世界をつくる」をミッションとして、日本の感染症対策のレベルアップに貢献したいと考えています。その手段のひとつとして「空気環境対策をインフラ化する」ということを目指しています。

サウンド・アイディア

登壇チーム「サウンド・アイディア」の写真

サウンド・アイディア
「高齢者に伝わりやすい音声明瞭化放送システム」

【製品説明】
超高齢化社会を迎える日本には、老人性難聴者が増えるという課題があります。九州大学の特許『音声明瞭化技術』を実用化し、普及率の低い補聴器に変わる音声のバリアフリー化を実現します。
【製作チーム】メンバーは九州大学と北九州市立大学のMBA修了生のチーム「サウンド・アイディア」。九州大学の技術シーズを使った社会課題の解決を目指し、高齢者へクリアな音を届けるとともに、将来的には防災放送への応用を目指します!

まっちんブー

登壇チーム「まっちんブー」の写真

まっちんブー!(北九州高専チーム)
「出会いの効率を上げることでイベントの価値を最高にするデバイス''まっちんブー!''」

【製品説明】
初対面の気まずさって、時には凝った話ができなかったり、時間が沢山かかったり・・・実はもったいないのです!まっちんブー!はそんな「はじめまして」に革命を起こします。
【制作チーム】
僕たちは北九州高専を中心に、モノづくりと挑戦に燃える友達で集まったチームです!まだまだ知識も浅い中、みんなで手探りで学び、頑張ってきました。僕たちのチーム一番の強みは''友達力'です!

参加申込み

参加を希望される方はイベント特設サイト「KTQ INNOVATION SUMMIT 2020」(外部リンク)からお申込みください。
(当日の飛び込み参加も可能ですが、おおよその参加人数を把握するためできるだけ事前申込いただけると助かります)

このページの作成者

産業経済局雇用・生産性改革推進部生産性改革推進課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2973 FAX:093-582-1202

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。