ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > ビジネス・産業・まちづくり > 市の産業・雇用戦略及び景況 > 令和3年度スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(実証支援事業)補助金の公募について
ページ本文

令和3年度スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(実証支援事業)補助金の公募について

更新日 : 2021年8月11日

 本市は、国の「スタートアップ・エコシステム推進拠点都市」の選定を契機に、スタートアップの支援を更に強化するため、今年度より新たに「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(実証支援事業)」を立ち上げ、北九州市内で実証実験を行うスタートアップ企業等に対して、最大で250万円を補助する事業を始めます。

 この公募では、本事業を通じて、北九州市内の地域課題の解決への寄与や、市内の雇用創出を積極的に図っていこうとする熱意のある企業を募集します。

 本事業への応募を検討される場合は、添付の公募要領及び補助金交付要綱に従いご応募ください。

 なお、本公募に関するお問い合わせは、下記までFAXまたはEメールにてお願いします。

 【本公募に関するお問い合わせ先】
  北九州市産業経済局スタートアップ推進課 担当:岡本、井上
  FAX:093-551-3615
  Eメール:san-startup@city.kitakyushu.lg.jp

事業の概要

1 名称
 「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業(実証支援事業)」

2 概要
 北九州市内で実証実験を行うスタートアップ企業等に対して、その実証実験を実施するために必要とする費用の一部を補助します。

 【補助上限額】環境・ロボット・DX:250万円、その他:100万円

補助事業のスキーム

応募要件

 以下の要件を満たす必要があります。なお、4の「新たに補助事業を開始しようとする者」につきましては、補助金の交付決定後30日以内に本社若しくは事業所を設置したことが確認できる書類の写しを提出してもらいます。

  要件
1 中小企業基本法第2条に規定する中小企業者であって、みなし大企業に該当しないこと。
2 法人格を有すること。
3 市区町村税を滞納していないこと。
4 北九州市内に本社若しくは事業所(支店、営業所等)を有すること。又は、北九州市内に本社若しくは事業所を置き、新たに補助事業を開始しようとする者であること。
5 暴力団員でないこと。また、暴力団員と密接な関係を有する者ではないこと。

事業の内容

1 補助対象事業
 北九州市内で行う新たな産業の創出に向けた製品・サービスの実証実験であり、本市コンソーシアムが目指すビジネスによるSDGs未来都市の実現に資する以下のいずれかに該当する取組であること。

  募集テーマ
1 北九州市内の社会課題の解決や市民生活の質の向上に資する取組
2 北九州市における産業振興やイノベーション創出に資する取組
3 北九州市が示す課題のいずれかに合致する取組(添付の「公募要領」を参照)

2 補助金の額
 予算の範囲内を前提条件とし、以下の2つの額のうち小さい方の額を交付額の上限とします。

  金額
1 補助対象経費の3分の2以内の額
2 補助上限額(環境・ロボット・DXの分野:250万円、その他の分野:100万円)

3 補助対象経費
 補助事業を実施するうえで必要となる最も安価かつ効果的な以下に関するもの(いずれも消費税相当分を除く。)を対象とします。

経費項目 内容
消耗品費 補助事業の実施に直接要した資材、部品、消耗品等の製作又は購入に要する経費
労務費 補助事業を実施するために雇用したアルバイト、パート等の経費
旅費 補助事業を実施するために必要とする人員の旅費、滞在費(ただし計上できる額は補助対象経費全体の20%以内)
外注費 補助事業実施に直接必要なデータの分析及びソフトウェア、設計等の請負外注に係る経費
その他経費 上記経費の他、補助事業実施に直接必要な経費(知的財産権関連経費、借用費、賃借料、運送費、謝金等)

 4 補助期間
 補助金の交付決定日から令和4年3月31日まで

申請手続き

1 公募期間
 令和3年8月11日(水曜日)から令和3年9月15日(水曜日)17時まで

2 提出書類
 添付の「公募要領」記載の書類(原本及びPDFデータ)を、「3 提出先」までご提出をお願いします。指定の様式につきましては、以下よりダウンロードをお願いします。

3 提出先
 北九州市産業経済局スタートアップ推進課
 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野三丁目8番1号AIMビル8階
 Eメール:san-startup@city.kitakyushu.lg.jp

審査等

1 全体の流れ
 一次審査(書面審査)及び二次審査(プレゼンテーション審査)を行います。また、二次審査については、一次審査を通過した申請者のみを対象に、本市が設置する審査会においてプレゼンテーションを行っていただきます。

2 審査基準
 以下の4つの観点で行います。

項目 内容
事業性 提供する製品・サービスの新規性・独自性
事業の将来性及び競争力
事業への情熱、チーム構成
実現性 実証実験の目的、検証内容及び成果指標の設定状況
実証フィールド等の調整状況及び法令等の適合性
地域貢献 本市への経済効果
本市の雇用創出
地元企業や市内大学との連携(加点項目)
社会的影響 SDGsのゴール・ターゲットの明確化
解決し得る社会課題の大きさ

3 審査会(二次審査)の日程
 令和3年10月6日(水曜日)または7日(木曜日)(時間含めた開催方法は別途案内)

4 審査会(二次審査)での審査方法
 申請者より、事業計画書(プレゼン資料)に基づいた7分程度のプレゼンテーションを行っていただいた後に、審査員より質疑を行います。質疑も含めた1社あたりの時間は15分程度を予定しています。

5 採択企業の決定(審査結果の通知)
 採択企業は、審査会による審査を参考に北九州市が決定します。審査結果は、10月中旬ごろに通知予定です。採択企業には、交付決定額及び交付条件を記載した補助金交付決定通知書を送付します。

採択後の流れ

1 補助金交付(概算払)
 補助事業を実施するために必要がある場合は、補助金の概算払を行うことができます。概算払を受けようとする場合は、「概算払請求申請書」(別途案内)の提出が必要となります。

2 補助事業の実施期間
 補助金の交付決定日から翌年2月末日までを補助事業(実証実験)の実施期間とします。また、補助事業の進捗状況について、月1回程度の定期報告を行っていただきます。

3 成果発表及び実績報告
 事業期間終了後の令和4年3月中下旬を目安に、本事業の成果発表の場を設定します。日時含め開催方法については、決定し次第ご案内します。
 また、事業終了時には、「実績報告書」(別途案内)をご提出いただきます。本書類を受理後、最終的な補助金の額の確定(精算)を行います。なお、補助金の概算払を受けた場合で、概算払を受けた額よりも確定額の方が小さい場合は、その差額を返還していただきます。

説明会及び事前相談

1 説明会
 zoomを用いたオンライン説明会を下記の日程で行います。参加をご希望の場合は、以下の「説明会参加申込書」に必要事項をご記入の上、冒頭記載のEメールアドレス宛にお送りください。いただいたEメールアドレス宛にオンライン参加用のURLをお送りします。なお、今回の公募の要件に明らかに合致しないと本市が判断した方のご参加はお断りさせていただきます。

開催日時 受付締切日
8月18日(水曜日)16時から17時まで 8月17日(火曜日)16時まで

2 事前相談
 実証場所の確保など、実証実験を行う上で必要不可欠な事項がある場合は、事前相談(個別相談)を受け付けますのでご連絡ください。面談日時は別途案内します。

併給制限

 本事業への申請内容と同一事業内容で、同一年度中に国・自治体その他関係団体から補助金等の資金助成を受ける場合は、本補助金の交付を受けることはできません。(申請自体を妨げるものではありません。)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

産業経済局雇用・生産性改革推進部スタートアップ推進課
〒802-0001 北九州市小倉北区浅野三丁目8番1号AIMビル8階
電話:093-551-3605 FAX:093-551-3615

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。