ページトップ
ページ本文

6月の果実(サクランボ、スイカ等)

更新日 : 2019年3月18日

サクランボ

さくらんぼの写真

  サクランボとは、サクラの果実の総称ですが、一般的には果実用サクラである甘果オウトウ(セイヨウミザクラ)を指すことが多くなりました。日本には、明治初めに欧米から導入され、東北地方に定着しました。現在でも、山形県が全国の70%の生産量を占めています。
 甘みが強く酸味が少ない、食味が良好な佐藤錦(さとうにしき)が代表的な品種となっています。
 西南暖地でも栽培できる品種はありますが、収穫時期の降雨で果実が裂けたり、鳥による食害の問題で販売用に栽培している産地はほとんどありまりません。

スイカ

すいかの写真

 アフリカ西南部原産で、中国に西方から伝わった瓜ということで「西瓜」と書きます。スイカは夏を代表する果実ですが、ハウス栽培で一年中出荷されています。 出荷量が増える4月は熊本県産が主力で、6月から鳥取県、7月から長野県へと産地が変わっていきます。
 北九州市若松区でもスイカの生産が盛んで、7~8月には若松産のスイカがお店に並びます。店頭で若松産スイカを見つけたら、是非地元の味をご賞味してください。

デラウェア(ブドウ)

デラウェアの写真

 ブドウの中では早い時期に出荷される品種です。実は小粒ですが、びっしりと実が詰まった房になります。本来は種子ができますが、開花期前後のジベレリン処理により、ほとんどが種無しになっています。
 島根県が主力産地になっています。

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。