ページトップ
ページ本文

通知カードの廃止について

更新日 : 2020年5月25日

法律の改正により、通知カードは令和2年5月25日(月曜日)に廃止されました。
廃止日以降は、通知カードに関する以下のお手続きはできません。

廃止となった通知カードの仕様

廃止となった通知カードは、紙のカードで、マイナンバーの他、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されているものです。

通知カード廃止後もこれまでどおり、マイナンバーカードの申請は行うことができますので、混同されないようご注意ください。

廃止となった通知カード(見本)
【廃止となった通知カード(見本)】

通知カード廃止後の取扱いについて

氏名、住所等の変更に伴う通知カードの記載事項変更手続

令和2年5月25日(月曜日)以降、氏名、住所等の変更に伴う通知カードの記載事項変更手続は行えなくなりました。
通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用するためには、通知カードの記載事項(氏名、住所等)が住民票と一致している必要があります。一致していないとマイナンバーを証明する書類として使用できませんので、ご注意ください。

通知カードの再交付申請

令和2年5月25日(月曜日)以降、通知カードの再交付申請は行えなくなりました。

通知カード廃止後のマイナンバーを証明する書類

1 マイナンバーカード

マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードです。
初回交付の場合は、無料で作成することができます。
なお、申請から交付までには、1ヶ月半程度かかりますのでご注意ください。

2 マイナンバー(個人番号)の記載された「住民票の写し」又は「住民票記載事項証明書」

請求できる方:本人及び同一世帯人(任意代理人による請求の場合は本人の住所に送付。委任状が必要)
取扱窓口:区役所市民課、出張所、行政サービスコーナー(代理人不可)、コンビニエンスストア(マイナンバーカード保有の方に限る)
手数料:1通300円(証明書コンビニ交付利用の場合は、1通200円)

3 住民票の記載(氏名、住所等)と一致している通知カード

通知カードの記載事項(氏名、住所等)が住民票と一致している場合に限り、令和2年5月25日(月曜日)以降も引き続き、マイナンバーを証明する書類としてお使いいただけます。

新たにマイナンバーが付番される方への通知方法について

1 通知方法について

 新生児等、新たにマイナンバーが付番される方には、「個人番号通知書」が郵送されます。
 「個人番号通知書」には、マイナンバー、氏名、生年月日、個人番号通知書の発行日等が記載されています。
(注1)既に通知カードをお持ちの方には、「個人番号通知書」は発行されません。
(注2)「個人番号通知書」の再交付はできません。

2 注意事項

 「個人番号通知書」はマイナンバーを通知するもので、マイナンバーを証明する書類としては使用できません。 

このページの作成者

市民文化スポーツ局市民総務部戸籍住民課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2107 FAX:093-562-1307

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。