ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 文化賞・文学賞・国際漫画大賞 > 市民文化賞 > 令和元年度(第52回)北九州市民文化賞・奨励賞 受賞者・歴代受賞者
ページ本文

令和元年度(第52回)北九州市民文化賞・奨励賞 受賞者・歴代受賞者

更新日 : 2019年12月26日

北九州市を基盤として、または北九州市出身で文化芸術活動において活躍し、その業績が顕著な個人・団体に市民文化賞を、将来が期待される個人・団体に市民文化奨励賞をそれぞれ贈ることにより、本市の文化芸術の振興を図るものです。

市民文化賞(1名)

俳優  光石 研(みついし けん)

光石 研(みついし けん)氏

主な活動歴

  • 北九州市(八幡西区)出身
  • 昭和53年 高校在学時に、映画「博多っ子純情」でデビュー。
    その後、映画やドラマ、舞台等(下記)に多数出演。
  • 平成19年 邦画助演出演ランキング1位(12本)。
  • 令和元年 ドラマ「デザイナー渋井直人の休日」にて、初の連続ドラマ単独主演。
    第15回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞。

主な出演作品

【 映 画 】

「博多っ子純情」(1978)、「Helpless」(1996)、「EUREKA」(2001)、

「サッド ヴァケイション」(2007)、「あぜ道のダンディ」(2011)(主演)、

「アウトレイジビヨンド」(2012)、「共喰い」(2013)

「海賊と呼ばれた男」(2016)「アウトレイジ 最終章」(2017)、

「ザ・ファブル」(2019) など

【TVドラマ等】

「ゲゲゲの女房」(2010)、「Nのために」(2014)、「アイムホーム」(2015)、

「コールドケース」(2016)、「ひよっこ」(2017)、「バイプレイヤーズ」(2018)、

「おんな城主 直虎」(2017)、「デザイナー渋井直人の休日」(2019) など

受賞歴等

  • 平成12年 第16回高崎映画祭最優秀助演男優賞
  • 平成23年 第3回TAMA映画賞最優秀男優賞
  • 平成28年 第37回ヨコハマ映画祭助演男優賞
  • 令和元年 第15回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞

表彰式

表彰式の詳細については、後日お知らせします。

参考

平成30年度までの受賞
    市民文化賞   113人と11団体
    市民文化奨励賞 48人と5団体

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。

文化賞・文学賞・国際漫画大賞

  • 組織から探す
  • 区役所
  • 施設
  • 市民のこえ(ご提案・ご相談)
  • 北九州市コールセンター 093-671-8181 年中無休 8時から21時