ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 過去のイベント/ニュースなど > 平成27年度 > 平成27年度 市民美術大学 美術講座【前期】
ページ本文

平成27年度 市民美術大学 美術講座【前期】

更新日 : 2019年5月13日

 「市民美術大学 美術講座」は国内の美術関係者を講師に招き、今日の美術館をはじめとするアートに関連する活動の可能性を考えていく、一年(前期・後期)を通した講座です。

 現代美術センターCCA北九州では、地域の皆様を対象とした「市民美術大学 美術講座」を平成20年度よりスタートしました。この講座は、国内外の美術の世界で起きていることをより多くの方々に知っていただくことを目指し開設されたものです。

テーマ 「一人のアーティストを語る」

 古今東西数多くのアーティストのうち、だれもが個人的に強く魅かれたり、思い入れを持つアーティストがいることと思います。私たちが彼ら自身のことやその作品に接するとき、他のアーティストの場合に比べ、より強い感情や豊かな印象が残るのではないでしょうか。それは普段から展覧会を企画し、美術の研究を進める専門家であっても同様です。一般の人たちとは比較にならないほど多くのアーティストと関わるなか、やはり一個人として特別なアーティストがいるはずです。

 前期講座では、我が国の美術館及び美術研究の第一線で活躍する3人の方にお越し頂きます。美術に関する幅広い知識と洞察力を有する彼らが、それぞれ一人のアーティストを選び語ります。一人のアーティストについて多面的にじっくりと話を伺うことを通じ、アーティストの魅力を語り伝えることや美術と個人の関係などについてともに考えていきます。

開催日及び講師

≪第1回≫
6月6日(土曜日)
15時~17時   
国立国際美術館
主任研究員 植松 由佳
現代美術作家について語る
束芋の味

 束芋という一風変わったアーティスト名を持つ映像作家が注目を集めたのは《にっぽんの台所》(1999)という作品です。大学の卒業制作である本作は、当時の日本の現代社会の不条理な諸相を浮世絵の色を転用したアニメによって表現し、キリンコンテンポラリーアワードの最優秀賞を受賞するなど人々の耳目を集め、アーティストとしての大きな一歩となりました。以後、ヴェネチア・ビエンナーレの日本館代表をはじめ国内外の国際展や、国立国際美術館や海外の美術館における個展など活躍が続いています。レクチャーでは束芋の作品を紹介しその世界観を辿りながら「束芋の味」を楽しみたいと思います。

≪第2回≫
6月13日(土曜日)
15時~17時   
埼玉県立現代美術館
主任学芸員 平野 到
ミラノの虎
タイガー立石のイタリア時代

 筑豊出身のタイガー立石( 立石紘一/1941-98)は美術家として出発し、その後、漫画、デザイン、絵本へと活動の場を拡げていきました。異分野を横断しながら生み出される柔軟な発想は、今日の若い世代にも刺激を与え続けています。今回は、あまり知られていない、立石のミラノでの活動(1969-82)を中心にお話しします。この時代の立石は、画面を漫画のようにコマ割りにした絵画を制作し、美術界だけでなくデザインの世界からも注目されます。ラジカルなデザイン運動を先導していたソットサスやメンディーニらに認められ、デザインの原画などにおいても優れた仕事をのこしました。日本から来た立石が、なぜミラノのラジカルな現場に受け入れられたのか、考えてみたいと思います。

≪第3回≫
6月20日(土曜日)
15時~17時   
武蔵野美術大学
教授 田中 正之
ゲルニカ
ピカソのゲルニカをめぐって

 20世紀を代表する画家パブロ・ピカソの数多い作品のなかでも、《ゲルニカ》は誰もが知る代表作かもしれません。それが戦争の悲惨さを描いていることはよく知られていますが、しかし、その表現の細部については、実はあまり知られていないようにも思います。そもそもゲルニカというのはどういう町なのでしょうか。そこで何が起きて、ピカソはそれをどう絵画的表現へと昇華させたのでしょうか。ピカソの作品を詳しく紹介していきながら、ゲルニカで起きた歴史的事件を画家がどう表現したのかについてお話しするとともに、今のゲルニカの町がどうなっているのかについても触れていきたいと思います。

会場

現代美術センターCCA北九州(北九州市八幡東区尾倉二丁目6-1)

参加料

各回1人あたり500円(当日受付にてお支払いください)

定員

60名程度

申込方法

必要事項を記入し、FAX、Eメールまたは往復はがきで下記までお申込ください。
※記載事項:参加希望講座(複数選択可)、住所、氏名、年齢、電話番号

締切

平成27年6月1日(月曜日)

申込・問い合わせ

〒805-0059 北九州市八幡東区尾倉二丁目6-1 3階
現代美術センターCCA北九州「市民美術大学 美術講座」係
電話:093-663-1615 FAX:093-663-1610
E-mail:mail@cca-kitakyushu.org

主催

現代美術センターCCA北九州

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。