ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 過去のイベント/ニュースなど > 平成27年度 > 平成27年度 市民美術大学 美術講座【後期】
ページ本文

平成27年度 市民美術大学 美術講座【後期】

更新日 : 2019年5月12日

 「市民美術大学 美術講座」は国内の美術関係者を講師に招き、今日の美術館をはじめとするアートに関連する活動の可能性を考えていく、一年(前期・後期)を通した講座です。

 現代美術センターCCA北九州では、地域の皆様を対象とした「市民美術大学 美術講座」を平成20年度よりスタートしました。この講座は、国内外の美術の世界で起きていることをより多くの方々に知っていただくことを目指し開設されたものです。

テーマ「一人のアーティストを語る」

 古今東西数多くのアーティストのうち、だれもが個人的に強く魅かれたり、思い入れを持つアーティストがいることと思います。私たちが彼ら自身のことやその作品に接するとき、他のアーティストの場合に比べ、より強い感情や豊かな印象が残るのではないでしょうか。それは普段から展覧会を企画し、美術の研究を進める専門家であっても同様です。一般の人たちとは比較にならないほど多くのアーティストと関わるなか、やはり一個人として特別なアーティストがいるはずです。

 後期講座では、我が国の美術館及び美術研究の第一線で活躍する3人の方にお越し頂きます。美術に関する幅広い知識と洞察力を有する彼らが、それぞれ一人のアーティストを選び語ります。一人のアーティストについて多面的にじっくりと話を伺うことを通じ、アーティストの魅力を語り伝えることや美術と個人の関係などについてともに考えていきます。

開催日及び講師

《第1回》
11月14日(土曜日)
15時~17時
甲南女子大学
教授 河﨑 晃一 氏
「具体」を生んだ画家
近代日本美術史のモダニスト

 近年、世界の美術の中で日本人アーティストが注目されています。具象絵画中心の近代日本洋画の時代から、いまや前衛の源として戦後日本美術は位置づけられ、海外での展覧会も多く開催されるようになりました。その中で注目されているのが「具体美術協会」(1954-1972)の活動です。その指導者が吉原治良(1905-1972)でした。吉原は、若き日に藤田嗣治との出会い(1929)をきっかけに、表現のオリジナリティーを強く意識し、戦前の二科会の若手のホープとして活躍しました。戦後は、二科会復興に参加しながら大阪発信の活動を積極的に仕掛け、「具体」を通じて戦後の大阪文化を生み出しました。その活動は、早くから海外に紹介され、その名は、世界的に知られるようになりました。好奇心に満ちた若い時代、自身の道を探し出す内なる活動そして具体のリーダーとしての苦悩と開花していく人と作品を紹介します。

《第2回》
11月21日(土曜日)
15時~17時
東京国立近代美術館
主任研究員 保坂 健二朗 氏
フランシス・ベーコン
20世紀ならではの画家

 今回御紹介したいのはフランシス・ベーコン。といっても、16世紀の哲学者のことではなくて、1909年にダブリンに生まれ、英国で活躍し、1992年にマドリッドで客死した画家のベーコンの方です。欧米では没後もその評価は高まる一方で、プラド美術館が回顧展を開催したりもしていますが、日本には作品が5点しかないこともあってか、あまり知られていないように思えます。そこで今回のレクチャーでは、波乱の多いその生涯を、作品の変遷とともに丁寧に辿りたいと思います。インテリア・デザイナーとして出発し、画家となってからは様々な写真をイメージソースとして利用、時には同性愛をモチーフにするなど、彼の活動は、20世紀ならではの拡がりを持っています。

《第3回》
11月28日(土曜日)
15時~17時
根津美術館
学芸第二課長 野口 剛 氏
尾形光琳
近世京都のデザイナー

 「燕子花図屏風」や「紅白梅図屏風」などの名品を生みだした尾形光琳(1658~1716)は今日、琳派を代表する「画家」としてよく知られているでしょう。しかし光琳は、絵の道を志すと同時に、蒔絵の作家として早くから活動していました。ある時期からは陶芸家の弟・乾山の焼物の絵付けにもたずさわるようになり、また着物に絵を描いて喜ばれることもありました。紙に描く絵においても、屏風と並んで団扇に優品が多いのが光琳の特徴で、さらにその筆は他のさまざまな調度品に及んでいます。作品の売り込みに関する興味深い資料の紹介も交えながら、「デザイナー」としての光琳についてお話します。

会場

八幡東生涯学習センター講堂(1階)
(北九州市八幡東区平野1-1-1)

参加料

各回1人あたり500円(当日受付にてお支払ください)
※駐車場は有料です。

定員

60名程度

申込方法

必要事項を記入し、FAX、Eメールまたは往復はがきで下記までお申込ください。
※記載事項:参加希望講座(複数選択可)、住所、氏名、年齢、電話番号

締切

平成27年11月9日(月曜日)

申込・問い合わせ

〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-5
現代美術センターCCA北九州「市民美術大学 美術講座」係
電話:093-695-3691 FAX:093-695-3692
E-mail:mail@cca-kitakyushu.org

主催

現代美術センターCCA北九州

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。