ページトップ
ページ本文

ヨナ・フリードマン展

更新日 : 2019年5月12日

 現代美術センターCCA北九州では、パリを拠点に活動する建築家、ヨナ・フリードマンの展覧会を開催します。 

場所 CCA北九州 CCAギャラリー(情報技術高度化センター2F)
会期 2016年1月25日(月曜日)~2016年3月4日(金曜日)
時間 月曜日~金曜日:10時~17時/土曜日:12時~17時
休館日:日祝

ヨナ・フリードマン

 ヨナ・フリードマンが提唱した理論や実践は、20世紀、そしてこの21世紀における建築の言説に大きな影響を及ぼしてきました。50年代から、人口の増加、住宅不足、貧困や環境への懸念などの切迫した問題を見て取り、フリードマンは「可動建築」や「空中都市」といった考えから発展した対応策、デザインや構造を個人が自由にできる、居住者の必要性に順応する住環境を提唱してきました。彼のこうした考えは、社会学、数学、科学、経済や哲学などの分野とも密接に関連しながら追求されています。その考え方は、日本の「メタボリズム」のような建築運動への影響として世界中に見ることができ、また、建築家のみならず現代アーティストの発想を喚起し続けています。

 「ここで展示されるオブジェは、ワークショップへの参加者によって会場でつくられます。単なる回顧展ではなく、ある意味で、わたしの建築の考え方の行程がわかるようなものにしたいのです。だからといって、回顧的な要素が全くないわけではありません。初期のドローイングや写真、展示されるオブジェ制作の「マニュアル」も展示されます。私にとって、費用のかからない素材を使って構造を組み立てるということが重要なのです。素材(フラフープや竹、柔らかいプラスチック管、針金の格子)はDIY店で簡単に見つけられます。組み立てには、強粘テープや針金が使えます。このオブジェをつくるのに専門知識は要りません。単純な技で誰でもできるのです。
 わたしは、同じような原則に基づいた展覧会を、上海、パリ、イタリア、スペイン、そしてハンガリーなどでも行いました。学生、あるいは展覧会に来た人たちが制作することができたのです。
 建築は、即興的にできるはずで、そうすれば大衆芸術になるはずです、もちろん!」

お問い合わせ

現代美術センターCCA北九州
〒808-0135
北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市
電話:093-695-3691

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。