ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 過去のイベント/ニュースなど > 平成29年度 > アート/建築プロジェクト タイ チェンマイ
ページ本文

アート/建築プロジェクト タイ チェンマイ

現代美術センターCCA北九州は、国際交流基金、ランド財団と共同で、建築家とアーティストの共同プロジェクト、アート/建築プロジェクトを、チェンマイ(タイ)にて行います。
今回は、4日間に渡るリサーチを行い、ランド財団における自給自足の環境の中での建築の可能性、役割を考えながら、過去に行われてきた建築の実践にとらわれない新しい考え方に挑戦していきます。

今回のリサーチでは、3つの焦点があります。1つは地域の構造です。どのように現在の風景ができあがっていったのか、都市計画の観点からだけでなく、周辺の田園地帯と都市部との関連も視野に入れ調査していきます。次に、都市の変遷について考えます。風景の中に垣間見えるであろう、時の積み重ねの中で生まれたひずみを考察することで、今日に至るまでどのような変化を経てきたのかについて仮説をたてていきます。最後に食文化です。都市の構造や変遷から読み解く地域の特性と、人々の日常生活との接点を、食文化を1つのキーワードにして探っていきます。

公開プログラムのディスカッション/レクチャーは、様々な背景をもつ参加者がアイデアを交換する場として、リサーチの一環として行われます。

日程 リサーチ: 2017年8月19日-8月22日
公開プログラム: 8月20日(日曜日) 午後1時̶4時
会場 リサーチ: チェンマイ各所
公開プログラム: アジアン・カルチャー・ステーション
主催 ランド財団 国際交流基金 現代美術センターCCA北九州
企画 リクリット・ティラヴァーニャ 中村信夫(CCA北九州)
参加者 金野千恵 宮本佳明 ナロン・オタヴォル アルーン・ピュリタット
ポーンパット・シリクルラタナ 曽我部昌史 山口陽登
コーディネーター アルーン・ピュリタット パポンサック・ラウール(ランド財団) ドン(ランド財団)
小野寺由佳(国際交流基金) 山田彩子(CCA北九州)  

参加キュレーター

金野千恵

東京工業大学にて博士号を取得後、設計事務所を主宰。2015 年からはアリソン理恵と共同でteco として活動している。住宅や福祉施設の設計、まちづくり、アートインスタレーションを手がけるなかで、仕組みや制度を横断する空間づくりを試みる。主な作品に住宅「向陽ロッジアハウス」(2011)、共著に「WindowScape」など。2016 年ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で審査員特別表彰を受けた日本館では会場デザインを手掛けた。

宮本佳明

阪神・淡路大震災で、「全壊」判定を受けた生家を再生した「ゼンカイ」ハウスを始め、住宅や宗教施設などの設計、また「環境ノイズエレメント」などの建築、都市計画についての考察を通し、建築を取り巻く既存の制度にとらわれることのない在り方を提案し続ける。共同出展した1996 年のヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展で金獅子賞を受賞。大阪市立大学教授。

ナロン・オタヴォル

建築を学んだ後オランダの建築事務所にて勤務。カタルーニャ工科大学で修士号を取得後、建築事務所SO (Situation based Operation)を設立、住宅や店舗など様々なプロジェクトを手がける。2015 年よりタイのデザイン雑「art4d」の編集長を務める。アルーン・ピュリタットはタイのシラパコーン大学で建築を学び、その後数々の建築デザイン、またアートのプロジェクトを手がけ、ウォールペーパーやアビターレといった国際的なデザイン誌に度々取り上げられている。多くの記事を建築/アート雑誌に寄稿するなど執筆活動も行う。

アルーン・ピュリタット

タイのシラパコーン大学で建築を学び、その後数々の建築デザイン、またアートのプロジェクトを手がけ、ウォールペーパーやアビターレといった国際的なデザイン誌に度々取り上げられている。多くの記事を建築/アート雑誌に寄稿するなど執筆活動も行う。

ポーンパット・シリクルラタナ

東京大学大学院(建築学) 修了後、タイ王国文科省現代芸術文化事務局に勤務し、現代芸術センターのリノベーションプロジェクトに携わる。2012 年よりパートナーと一緒に設計活動を行う他、建築・デザイン雑誌に多数寄稿している。2014 年よりカセサート国立大学建築学科講師。

曽我部昌史

共同で設立した建築事務所「みかんぐみ」において、住宅、公共施設などの設計や展覧会の構成デザイン、プロダクトのデザインなどを手がける。代表作に万世橋高架下を開発した商業空間「マーチエキュート神田万世橋」(2014)やあかね台中学校(2011)など。新潟で開催された水と土の芸術祭2015 建築ディレクターを務めた。神奈川大学教授。

山口陽登

大阪市立大学修士課程終了後、株式会社日本設計に勤務。2013 年よりシイナリ建築設計事務所を主宰。

お問い合わせ

現代美術センターCCA北九州
〒808-0135
北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市
電話 093-695-3691
mail@cca-kitakyushu.org

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。