ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 過去のイベント/ニュースなど > 平成29年度 > CCA建築ワークショップ2017 「北九州学術研究都市2」
ページ本文

CCA建築ワークショップ2017 「北九州学術研究都市2」

現代美術センターCCA 北九州では、2017年8月25日から28日までの4日間に渡り、大阪市立大学宮本佳明研究室、神奈川大学曽我部昌史研究室、日本工業大学小川次郎研究室、北九州市立大学と共同で建築ワークショップを行います。昨年度初めて取り上げた「北九州学術研究都市」を引き続きリサーチし、これからの学研について考察・提案をします。

ワークショップ概要

2001年にオープンした学研は、アジアにおける学術機能の拠点としての機能だけではなく、良好な住宅地の供給も視野にいれた整備事業の一環として計画されました。道路や最新のインフラが整備され、すべてが新しく計画された最先端の学研都市は、オープンから15年を経て、徐々に周辺の環境に馴染んできたように思います。学研都市内の自然環境の生育、交通網の整備などにより、今では周辺の住宅地から訪れる人々の多様な活動を受け入れる、地域の中心的な役割を担っています。
 新しく街を作ることは、経済発展を続けるアジアを中心に、これからますます実行されることでしょう。世界的に見ても、計画された都市が地域に溶け込み、住宅地とセットで発展を続けているという点において、学研は最も興味深いリサーチ対象の一つだと考えられます。建築や都市計画の視点からだけではなく、住宅地と学研都市が生み出す新たなコミュニティのあり方、学研都市内外の自然環境の生育による新しい自然環境の生成など、現在の学研とその周辺の状況をリサーチすることは、計画された都市のあり方を多層的に考察する一つのきっかけになりうると考えます。
 今回のワークショップでは、4日間にわたり、学研都市内及び学研都市周辺の街との境目を、地形や植生といった自然環境の視点だけでなく、交通、エネルギー、ストリートファニチャーなどの人工環境の視点を加え精緻にリサーチすることで、都市と周辺環境との関係に対する新たな視座を獲得することを目的とします。

開催日時

ワークショップ
2017年8月25日(金曜日)-28日(月曜日)
学研都市周辺

成果発表(一般公開)
2017年8月28日(月曜日)13時~
北九州学術研究都市 技術開発交流センター1F

講師

宮本佳明(建築家/大阪市立大学教授)
曽我部昌史(建築家/神奈川大学教授)
小川次郎(建築家/日本工業大学教授)

参加者・参加協力

参加者
大阪市立大学宮本佳明研究室
神奈川大学曽我部昌史研究室
日本工業大学小川次郎研究室

参加協力
北九州市立大学国際環境学部建築デザイン学科

コーディネーター

山口陽登(siinari)
魚谷剛紀(Uo.A)
    +
山田彩子(CCA 北九州)

お問い合わせ

現代美術センターCCA北九州
〒808-0135
北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市
電話 093-695-3691
mail@cca-kitakyushu.org

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。