ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 過去のイベント/ニュースなど > 平成30年度 > CCA20+プロジェクト ルアンサック・アヌワトウィモン展 「輪廻転生」
ページ本文

CCA20+プロジェクト ルアンサック・アヌワトウィモン展 「輪廻転生」

現代美術センターCCA北九州は、CCA 20+プロジェクトの第二弾として、

ルアンサック・アヌワトウィモンの新作を発表します。

場所

CCA北九州 CCAギャラリー

(北九州市若松区ひびきの2-5 情報技術高度化センター2F)

会期

2018年10月1日(月曜日)~2018年11月9日(金曜日)

時間

月曜日~金曜日: 10時~5時 / 土曜日: 12時~5時 / 日曜日・祝日:休館

オープニング・レセプション

9月29日㈯ 14時~16時

※参加無料です。 お気軽にお越しください。

ルアンサック・アヌワトウィモン

ルアンサック・アヌワトウィモン(1975年生)はタイ、バンコクを拠点に活動するアーティストです。 動物、植物や科学技術の進歩などをテーマに取り上げ、 直接関連する素材を取り入れた作品を発表しています。そうすることで、私たちと環境の間にある不条理を浮かび上がらせ、 文明の進歩と引き換えにした利益と代償についての問題を投げかけるのです。

CCA20+プロジェクトでは、絶滅した動物をテーマにした新作「輪廻転生」を発表します。 今回取り上げるのは、 今年3月に最後のオスが死んだキタシロサイ、40年ほど前に絶滅したとされるタイのシボリアゲハ、 そして20世紀初頭に絶滅されたとされるニホンオオカミで、 自らの長期に渡るリサーチをもとに制作を行います。

「進化の結果とは関係なく滅んでいった動物たちは、その種だけではなく、 関連し、 共存し、特有の複雑な生態系を形作っている全ての動植物種について、 とても重要なことを物語っています。」

「自然現象の1つとしての生命の多様性は、非常に重要だと私は考えています。 様々な国の研究チームが、生態系の複雑さを解明するために、観察と調査に膨大な時間を費やしてきました。それが時に、何も知らない者にとっては無関係に思われるようなものであってもです。 全ての生き物は何らかの理由によってつくられるのであり、単なる偶然ではありません。 自然の中で行われる土木工事や建築のプロジェクトと同じように、ある特定の機能が天然の資源管理においてそれぞれあるのです。」

「人間一人ひとりの背景は、唯一無二のものです。 70億人の人口と絶滅危惧種と、 どちらが重要かというのは難しい問題です。 それでも、 人間を全ての生物の所有者として定義することは、 世界全体の豊かな未来の保証には十分ではないかもしれません。」   

ールアンサック・アヌワトウィモン
 

お問い合わせ

現代美術センター CCA北九州

〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市 情報技術高度化センター3F

電話 :093-695-3691 FAX:093-695-3692

E-mail : mail@cca-kitakyushu.org

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。