ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 過去のイベント/ニュースなど > 令和元年度(平成31年度) > CCA20+ プロジェクト サラ・ベナグリア展 「ピンクの錆」
ページ本文

CCA20+ プロジェクト サラ・ベナグリア展 「ピンクの錆」

現代美術センター CCA北九州は、2019年度20+プロジェクトの第一回目として、ミラノを拠点に活動するサラ・ベナグリアの新作を発表します。

場所

 CCA北九州 CCAギャラリー

 (北九州市若松区ひびきの2⁻5 情報技術高度化センター2F)

会期

 2019年4月15日(月曜日)~2019年6月7日(金曜日)

時間

 月曜日~金曜日:10時~17時/ 土曜日:12時~17時/

 日曜日・祝日:休館 

オープニング・レセプション

4月13日㈯ 14時~17時

※参加無料です。お気軽にお越しください。

サラ・ベナグリア

ベナグリアは、インスタレーションやパフォーマンス、ドローイング、朗読、ビデオやテキストなど様々な素材を用いて作品を発表しています。その中で特に彼女が着目しているのは、「身体」の問題です。私たちは昔から、身体をめぐって様々な物の見方や哲学を発展させてきました。つまりそこは、時代や場所、文化や社会的背景が反映される場と考えることができるのです。

「『ピンクの錆』では、女性に関する呼称について疑問を投げかけていきます。それらは「同じストーリー」を、(再)制作する上で本質となる言語の要素です。そして私たちは「違わない」と、一つの型にはめることで、自分で自分を評価することから離れてしまうのです。とりとめがなくなる、または似ているとも言えるでしょう。そうした呼称により形式化され、暗号化してしまった「身体」についての様々な思考を再度取り出し考えます。

「身体を定義する言葉は、比喩が多く、習慣や行動を後押ししていきます。言語化されることで、本来あるべき本質とは異なる、また別の本質となります。でも私たちの行動について2つも本質があるとは、わかるはずもありません。それは、文化とは別に考えられる行動の本質なのでしょうか? 身体の組織は、記憶を同種の祖先から積み重ね、受け継いでいます。消えることのない、フィルターを持たない潜在的な記憶です。」

「『ピンクの錆』は、 身体に行き渡る、ある共鳴について焦点をあてます。体は母性を拒絶することなく、一般的な考えを適用します。一般的な考えとは、母性本能が作り出されたことにより科学的に保証され、人的資本を生み出すために有効なのです。閉鎖と開放は、そのどちらも外れることなく、一つの言葉を作り出すべく距離を保っています。明らかにその2つは離れています。そこには距離があるのです。」

「近づくものに似せて、同じになるのはよくありません。次から次へと様々なモデルを取り入れることで、私たちは顔や形、言語を、自分を支配するものに順じて変えていくからです。」

    サラ・ベナグリア

お問合せ

現代美術センター CCA北九州

〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市 情報技術高度化センター3F

電話:093‐695‐3691 FAX:093‐695‐3692

E-mail : mail@cca-kitakyushu.org

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。