ページトップ
ページ本文

ローザ・バルバ展

現代美術センターCCA北九州では、ベルリンを拠点に活動するアーティスト、ローザ・バルバの日本初となる個展を発表します。

場所

 CCA北九州 CCAギャラリー

 (北九州市若松区ひびきの2⁻5 情報技術高度化センター2F)

会期

 2019年6月29日(土曜日)~2019年9月6日(金曜日)

時間

 月曜日~金曜日:10時~17時/ 土曜日:12時~17時/

 日曜日・祝日:休館 

ローザ・バルバ

ローザ・バルバはイタリアに生まれ、現在はベルリンを拠点に活動しています。 ケルン・メディア芸術大学で学び、昨年スウェーデンのルンド大学にて博士号を取得しています。ロンドンのテート・ギャラリーやニューヨーク近代美術館、マドリッドのソフィア王妃芸術センターなど、世界各地の美術館やアートセンターで作品を発表する他、ベネチア・ビエンナーレやシドニー・ビエンナーレの国際美術展にも参加、また映画祭でも作品を発表しています。 日本では、今年の瀬戸内国際芸術祭に参加しています。

バルバはフィルムや彫刻的なオブジェ、インスタレーション、サイトスペシフィックな作品やパフォーマンスなど様々な手法を使って作品を発表しています。 ジェスチャーや様式、情報や文書などと比較した時の映画産業の位置づけを探求し、それゆえに構成の問題、形のもつ「物」としての性質、可塑性といったことが、作品では重要になります。 バルバは、それらの項目を、一般的な文脈から切り離してから再び形にし、新しいものとして提示するのです。 彼女の映像には、よく自然の風景とその中にある人工的な分断が映し出されますが、その印象的なイメージは、歴史的な記録、個人的な逸話、そして映画的な表現が集結する場になるのです。

今回のCCAのプロジェクトでは、バルバの代表的な作品でもある、映画的な彫刻と映像に焦点を当てます。 その一つ「地球の中心から外へ」(2007)は、消滅の危機にさらされた島を舞台にしたフィクションを軸に展開します。 それぞれが生き残り、社会を存続させるためには、住民が一致団結して行動を起こさなければならない、という設定ですが、島は年間1メートルずつ移動しているということで、どこか現実味を帯びてもいます。 作中の研究者や専門家による報告は、超現実的な雰囲気を醸し出し、当初は美しいドキュメンタリーが、より抽象的になり、人々が苦悩する姿や弱さを露呈していく奇妙な映像になっていくのです。

バルバの映像作品では、現実と非現実があいまいに表現されることがよくありますが、今回展示される「経験的な効果」(2010)もその一つです。 舞台となるのは、南イタリアのヴェスヴィオ山のある地域です。 2009年夏に撮影されたこの作品の主人公は、最後に起きた1944年のヴェスヴィオ山噴火を生き延びた、直接その被害が及ぶエリア「赤の地域」の住人です。 信じられない程の緊張と隣り合わせながらも、無力で穏やかでもある生活を送る社会を描いています。

この2つの映像作品は、自然災害や疎外感、生き残る意味について思い知ることになる、自然と人間の力の間にある複雑な関係についてのものですが、「Enigmatic Whisper (不思議なささやき)」(2017)では、20世紀を代表するアーティスト、アレキサンダー・カルダー(1898-1976)をとらえています。 米国コネチカット州ロクスベリーのカルダーのスタジオを16mmフィルムで撮影したこの作品が映し出すのは、カルダーが使ったままの形で残されている道具や素材のイメージを通して見える、映像的な肖像画であり、自然な、外に向けられたコンテキストです。 そしてカメラは、今でもスタジオの天井から吊るされている、カルダーのアイコン的ともいえるモビール作品を追っていきます。 映像から作り出されるリズムは、幾度も繰り返される突然の場面変更と、背景に流れるドラムとトランペットの音、そしてカルダーの動きのある作品によって作られていくのです。

ローザ・バルバは、2019年6月29日までCCA北九州に滞在します。

お問合せ

現代美術センター CCA北九州

〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2-5 学術研究都市 情報技術高度化センター3F

電話:093‐695‐3691 FAX:093‐695‐3692

E-mail : mail@cca-kitakyushu.org

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。