ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 堀川が文化庁選定「歴史の道100選」に追加されました
ページ本文

堀川が文化庁選定「歴史の道100選」に追加されました

更新日 : 2019年11月11日

八幡西区にある、人工運河の堀川が、歴史を伝える道や水路を選定する文化庁の「歴史の道百選」に選定されました。

歴史の道百選について(文化庁発表資料から抜粋)

古くから人、物、情報の交流の舞台となってきた道や水路等は、我が国 の文化や歴史を理解する上で極めて重要な意味を持っています。

これらの歴史的・文化的に重要な由緒を有する古道・交通関係遺跡を「歴史の道」として、その保存と活用を広く国民に呼び掛け、顕彰するために、平成8年に全国各地の最もすぐれた「歴史の道」78か所を「歴史の道百選」として選定しました。

この度、平成8年の「歴史の道百選」に追加選定を行いました。選定されたのは新規選定36件、既選定への追加選定19件です。この結果、「歴史の道百選」は114件となります。

「歴史の道100選」に追加選定された堀川について

堀川 寿命の唐戸 堀川「寿命の唐戸」(じめのからと)下から

江戸時代初期の元和7年(1621)から工事が開始され、途中中断を挟んで宝暦12年(1762年)に開通した人工運河です。

遠賀川と洞海湾を結ぶ全長12キロメートルの運河で、車返切貫は460メートルにも及ぶ日本最大級の切通しです。

当初は治水対策の運河として掘削されましたが、のちに年貢米や石炭の輸送路として繁栄し、最盛期の明治32年には、年間13万艘の輸送船(川ひらた)が運航していました。

往時をしのぶ遺構としては、掘削工事のノミ跡が残る車返切貫(水巻町吉田から八幡西区大膳)、遠賀川からの取水口である中間唐戸(中間市)、寿命唐戸(八幡西区楠橋)などがあります。

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。