ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 施設 > 文化・芸術施設 > 現代美術センター・CCA北九州 > 公開イベント/展覧会情報 > 【臨時休館します】ハルーン・ミルザ展
ページ本文

【臨時休館します】ハルーン・ミルザ展

更新日 : 2020年3月18日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、当面の間臨時休館いたします。今後の予定につきましては、またこちらでお知らせ致します。ご理解のほど何卒よろしくお願い致します。

現代美術センター CCA北九州は、ハルーン・ミルザの新作をひびきののCCAギャラリーと東田の環境ミュージアム・ドームシアターで発表します。

CCAギャラリー(若松区ひびきの) ←終了しました

場所 CCA北九州 CCAギャラリー

 (北九州市若松区ひびきの2番5号 情報技術高度化センター2階

  市営バス”学研都市ひびきの” 徒歩3分)

会期  2020年2月11日(火曜日・祝日)~2020年3月6日(金曜日)
時間  月曜日~金曜日:10時~17時 土曜日:12時~17時

 日曜日・祝日:休館 (2月11日を除く)

環境ミュージアム・ドームシアター(八幡東区東田)

場所 環境ミュージアム・ドームシアター

 (北九州市八幡東区東田二丁目2番6号 スペースワールド駅 徒歩5分)

会期  2020年2月11日(火曜日・祝日)~2020年3月29日(日曜日)
時間  10時~17時 休館:月曜日(祝日の場合は翌日)

ハルーン・ミルザ

マリナ・アブラモヴィッチ展

ハルーン・ミルザは、ロンドンを拠点に活動するアーティストです。 干渉し合う光や音、電流を使って、その場の状況を精査していくようなインスタレーションで知られています。
ミルザの立体作品やパフォーマンス、没入型のインスタレーションは、自ら経験することについて、私たちがどこまで認知できるのかを探っていきます。 自分の役割を作曲家と考えるミルザは、電気媒体や電気が通った状態のものを主なメディアとして使用します。 そうした媒体が引き起こす目に見えない不安定な現象を、日用品やレコードプレーヤー、楽器、LEDライト、家具、映像の断片、他のアーティストの作品を新しい文脈で引用したオブジェなど、あらゆる素材とつなげていきます。 ミルザの作品は、「ノイズ」「音」「音楽」とそれぞれ分けて考える際に、私たちがそこに見る違いは何なのかを改めて問いかけます。 つまりそれは、あたりまえのように文化を分類していくことへの疑問でもあるのです。

ハルーン・ミルザは、これまでに四方当代美術館(南京、2019)やオーストラリア現代美術センター(メルボルン、2019)、アイコン・ギャラリー(バーミンガム、2018)やアジア美術館 (サンフランシスコ、2018)など、世界各地の主要な美術館で個展を開催、また、有望な若手アーティストに与えられる銀獅子賞を受賞した第54回ベネチア・ビエンナーレ(2011)や深圳ビエンナーレ(2012)など、 数多くの国際美術展やグループ展に参加しています。

CCAのプロジェクトでは、ミルザはCCAギャラリーと、北九州市環境ミュージアム・ドームシアターの2つの場所で新作を発表します。
CCAギャラリーで発表される「ライト・ワークス」のシリーズは、ミルザが「壁に描くドローイング」と考えるもので、電気と光への自らの興味を発展させ、構成する作品です。 いわゆる「アンチ・フォーム」(絵画や彫刻など、最終的な形状に反するもの)の概念を取り入れ、LEDライトとケーブルで幾何学的な線形を作り出し、空間的な環境とそれを取り巻く建築構造を浮き彫りにしていきます。 ドームシアターでのインスタレーションで使われる映像では、 北九州出身で、 現在はフランスを拠点に活動するダンサー、 宮内絵梨佳と共作しています。

今回のハルーン・ミルザの展覧会は、東アジア文化都市2020北九州プレ事業、北九州市東田地区ミュージアムパーク創造事業の一環として開催されます。

お問合せ

現代美術センター CCA北九州

〒808-0135 北九州市若松区ひびきの2番5号 学術研究都市 

情報技術高度化センター3階

 電話:093‐695‐3691 FAX:093‐695‐3692

 メールアドレス: mail@cca-kitakyushu.org

このページの作成者

市民文化スポーツ局文化部文化企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2391 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。