ページトップ
ページ本文

若い人に多い相談

更新日 : 2019年3月27日

架空請求

封書やメール、電話等で利用したことのない料金や借りた覚えの無い借金の請求を行なう詐欺です。債権回収業者や架空の公的機関等を装い、「裁判取り下げ費用」、「料金未納訴訟最終通告」等さまざまな名目で金銭の請求をしてきます。

注意点

身に覚えの無い請求にお金を払ったり、問い合わせをしてはいけません。無視をしましょう。ただし、裁判所から封書(特別送達)が届いた時は、消費生活センターにご相談ください。

ワンクリック詐欺

携帯電話やパソコンのメールに送られてきた広告等のURLやアダルトサイト等の「入り口」をクリックしただけで、いきなり「登録完了」のメッセージと共に高額な料金を請求されます。

注意点

身に覚えの無い請求や不当な請求には決して応じてはいけません。連絡先に問い合わせをすると新たな個人情報を聞き出され、被害の拡大につながる恐れがあります。IPアドレスやメールアドレスだけでは個人は特定されません。契約の意思がなく単にアクセスしただけでは契約は成立しないので、無視することが最善の策です。

ネットショッピング・オークション詐欺

インターネットの匿名性を利用して、偽名を使って、商品の内容を偽ったり、代金を振り込ませ商品を送らずに行方をくらます等のトラブルが多発しています。

注意点

インターネット上で取引をする場合、事前に、相手の身元、メールアドレス以外の連絡方法や相手の評価等を確認し、返品交換の有無を確認しましょう。また、前払いは避け代金引換等を利用しましょう。信頼できるインターネット通販業者かどうかの判断は、「オンライン・ショッピング・トラストマーク」が参考になります。

アポイントメントセールス(デート商法)

電話・郵便メール等で「海外旅行が当たった」「パーティーに参加しないか」と販売目的を告げずにホテルのロビーやファミリーレストランに誘い出し、脅迫的な行動や長時間の勧誘をして、商品やサービスの契約を半ば強制する商法です。

注意点

やさしい言葉や甘い誘いに惑わされてはいけません。電話や手紙をもらっても、知らない人からの誘いには安易に出かけていかないことが大切です。

キャッチセールス

安易に呼びかけに応じたり、ついて行ったりしてはいけません。「話を聞くだけなら」とついて行くと、契約をするまで返してもらえないことがあります。曖昧な態度をとらず必要の無い契約は、きっぱりと断る勇気をもちましょう。

注意点

“無料”に誘われた安易に会場に近寄っては、いけません。“ただより高いものは無い”を肝に銘じましょう。

資格商法

職場や自宅に電話をかけてきて、資格を取るためのセミナーの受講や教材の購入を勧める商法です。「国が認定した資格だ」、「将来取るのが難しくなるので今がチャンス」「持っていると就職に有利だ」などと執拗に受講を勧めてきます。曖昧な返事をしていると、「契約は成立した」と強引に受講料を請求してきます。

注意点

受講する気が無ければ、「いりません」ときっぱりと断りましょう。相手の執拗さに負けて契約すると、業者間で名簿が出回り、新たな受講の勧誘や講座の除籍料、個人情報の削除料などの名目で請求される二次被害も起きてしまいす。

マルチ商法

別名を紹介販売・システム販売とも言い会員が新たに会員を勧誘し、加入させてピラミッド型に販売組織を拡大していく商法です。「楽しいサークルがある」「絶対儲かる」と友人・先輩に誘われて、説明会やセミナーに参加すると、「友達を誘えば簡単に多額の紹介料や手数料が得られる」と強調されて入会を勧められます。

注意点

マルチ商法で“美味しい思い”をするのは組織を始めた人間と初期の参加者のみです。「組織の拡大には限界があり」実際には、うまくいかずに結果的には莫大な在庫と借金を抱えることになります。その上、友人や親戚との人間関係も壊してしまうことになります。必要の無い契約は、その場では気まずい思いをしても勇気を出してきっぱりと断りましょう。

内職・モニター商法

「自宅で高収入がえられます」「誰でも簡単にできる仕事です」とうたい、仕事に必要だからと高額な商品や教材を売りつける商法です。期待したほど仕事がもらえず、契約した商品や教材の支払いだけが残ってしまいます。また最初の数回でけ内職報酬やモニター料が支払われても、その後支払われなくなったり、業者と連絡が取れなくなることもあります。

注意点

仕事を始める前にパソコンソフトや教材などの購入が条件になると言われたら警戒しましょう。収入の保証など業者に詳しい説明を求め、信頼性を十分に検討することが大事です。

このページの作成者

市民文化スポーツ局安全・安心推進部消費生活センター
〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1番6号
電話:093-871-0428 FAX:093-871-7720

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。