ページトップ
ページ本文

定期検査

更新日 : 2019年8月9日

計量器を用いて取引・証明をする場合には、検定証印又は基準適合証印が付されたものを利用しなければなりませんが、非自動はかり、分銅・おもり、皮革面積計については、使用環境や経年変化などにより性能が劣化していないか確認するため、市が実施する定期検査を受けることが義務づけられています。
(非自動はかり・分銅及びおもりは2年に1回、皮革面積計は1年に1回)

定期検査の対象となる計量器

トラックスケールの検査風景の写真

定期検査の対象となるのは、取引又は証明に使用されている「はかり」及びはかりと共に使用する「分銅・おもり」ならびに「皮革面積計」です。
ただし、検定証印等が付されたものに限ります。 

現在お使いのはかりが定期検査の対象に該当するかにつきましては、下記のファイルを参考にしてください。

定期検査について

定期検査済証印の画像

北九州市では、市内を東西2つに分け、1年おきに定期検査を実施しています。

偶数年度:門司区、小倉北区、小倉南区
奇数年度:戸畑区、若松区、八幡東区、八幡西区

検査に合格したはかりには、そのはかりに右の見本のような「定期検査済証印」が貼付されます。
逆に不合格の場合、検定時はかりに付された検定証印等が抹消され、以後、取引・証明には使用できなくなります。

定期検査の日程については、下記のページをご参照ください。

代検査について

代検査とは、定期検査に代わる計量士による検査のことです。
「定期検査に代わる計量士による検査を行った旨の届出書」に、計量士が検査を行った「証明書」(検査合格証)を添えて、該当する区の定期検査の実施期間の初日の10日前までに(該当日が週休日・祝日の場合その前日)届け出れば、定期検査は免除されます。
ただし、代検査を行うことのできる計量士は、北九州市に代検査業務の届出をしている計量士に限ります。
代検査を希望される場合は、各計量士に直接お問い合わせください。

このページの作成者

市民文化スポーツ局安全・安心推進部消費生活センター計量検査所
〒803-0805 北九州市小倉北区親和町6番2号
電話:093-592-2012 FAX:093-562-7803

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。