ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 消防・防災 > 暮らしの安全安心情報 > 火災を防ぐ > クッキングヒーターからの火災に注意
ページ本文

クッキングヒーターからの火災に注意

更新日 : 2019年3月1日

ワンルームマンションなどの小型キッチンに設置されているクッキングヒーター(電気コンロ)の回転式スイッチ(本体からとび出しているもの)に、偶然、身体や荷物が触れ、気付かないうちにスイッチが「入」になり、ヒーター上部や周囲に置かれていた可燃物が加熱され、火災が発生する場合があります。

クッキングヒーター

注意事項

  • 早急にスイッチの改修や交換を依頼する。
  • ヒーターの上や周囲に燃えやすいものを置かない。(日頃、ヒーターを使用していない場合は特に注意が必要です。)
  • ヒーターの上でカセットコンロなどを使用しない。
  • 電源の元スイッチがある場合は、使用しないとき元スイッチを切る。
  • 設置されている機種を再確認する。(IHクッキングヒーターとは異なります。)

※該当するクッキングヒーターが設置されている場合は、機器のメーカーや型式名、特徴等を確認の上、改修(無償)を行うよう依頼して下さい。

キッチン・バス工業会(外部リンク)
電話 03-3436-6453
FAX 03-3436-6454

社団法人 日本電気工業会(家電部)(外部リンク)
電話 03-3556-5887
FAX 03-3556- 5891

このページの作成者

消防局予防部予防課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3836 FAX:093-592-6795

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。