ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立のために、ひとりひとりが出来ること(まとめ)
ページ本文

新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立のために、ひとりひとりが出来ること(まとめ)

更新日 : 2020年11月17日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と、社会経済活動の両立を図るため、一人一人に今、何が出来るのかをまとめました。

市民ひとりひとりが出来ること

(1)自分が感染しているかもしれないという意識を持って行動しましょう

(2)感染リスクを高めやすい場面に注意しましょう

  1. 飲酒を伴う懇親会等
    ・飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下します。また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすいです。
    ・特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが高まります。
    ・また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高めます。
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食
    ・長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、感染リスクが高まります。
    ・大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、感染リスクが高まります。
  3. マスクなしでの会話
    ・マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まります。
    ・マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されています。
    ・車やバスで移動する際の車中でも注意が必要です。
  4. 狭い空間での共同生活
    ・狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まります。
    ・寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されています。
  5. 居場所の切り替わり
    ・仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染リスクが高まることがあります。
    ・休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されています。

(3)5つの行動目標を守りましょう

  • 外出するときはマスクの着用
  • 人との距離をしっかり確保
  • こまめに手洗い
  • 発症した時のために、自分の行動をしっかりと記録
  • 発熱等があるときは、事前に電話をしてから、病院に行く

(4)接触確認アプリ「COCOA」をインストールしましょう

(5)福岡県が発行する「感染防止宣言ステッカー」(外部リンク)など、感染防止対策に取り組んでいる旨が分かる掲示をお店選びの参考にしましょう。申請済み店舗等の確認は、下記から確認できます。

  【福岡県ホームページ】

   感染防止宣言ステッカー申請済店舗・施設情報(外部リンク)

  【飲食店情報サイト】

   特設ページにて、各情報サイト登録店舗のうち、ステッカー申請店舗を確認できます。

    ・食べログ(外部リンク)

    ・ぐるなび(外部リンク)

(6)発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出は控えましょう。少なくとも以下の条件に当てはまる方は、すぐに北九州市新型コロナウイルス相談ナビダイヤル(0570-093-567)または帰国者接触者相談センター(093-522-8745)へご相談ください。(注)時間帯によっては繋がりにくい場合があります。

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(注)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    (注)高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

職場での感染を防ぐために出来ること

厚生労働省のチェックリストを活用するなど、職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理を徹底してください。

事業者の皆様が出来ること

業種別ガイドラインの遵守、福岡県の「感染防止宣言ステッカー」を取得するなど、感染防止対策を徹底してください。

家庭内での感染を防ぐために出来ること

家庭内での感染リスクを下げるため、家族それぞれが「自分が感染しているかもしれない」という意識を持って、3密を避ける、マスクの着用、こまめな手洗いなど、感染防止対策に取り組みましょう。
家庭内で新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合に、ご注意いただきたい8つのポイントをまとめていますので参考にしてください。

差別・偏見を生まないために

感染者・濃厚接触者に対して、感染に関する誤解や偏見に基づく差別を行うことは許されません。公的機関の提供する正確な情報を入手し、冷静な行動に努めて下さい。

(参考)これまでに全国で発生したクラスター事例について

国立感染症研究所が、これまでに国内で発生したうち100件程度のクラスターを分析した結果から、クラスター事例集を作成しています。感染拡大防止の参考にしてください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

新型コロナウイルス感染症対策室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0570-093-567 FAX:093-582-3689

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。