ページトップ
ページ本文

公益通報に際しての注意点

公益通報を行う際の要件

 本市の通報窓口(各担当課)へ公益通報を行うには、次の要件を満たす必要があります。

  1. 自己の労務提供先又は当該労務提供先の役員、従業員等の法令違反行為等であること。
  2. 不正の目的で行うものでないこと。
  3. 通報内容が真実であると信じる相当の理由があること。

通報窓口へお伝えいただく内容

 公益通報を行う際に、担当課の職員へは、具体的に違反する法令の条項を伝える必要はありませんが、誰が、どのような行為を行ったか(又は行おうとしているか)等を具体的にお伝え下さい。
 また、「通報内容が真実である」と信じるに足りると判断できるような根拠資料等があればお示し下さい。

通報窓口(各担当課)の職員にお伝えいただく主な内容

  • ご自分の氏名、連絡先、労務提供先の名称(会社名、団体名等)
  • 具体的な通報内容(いつ、誰が、どこで、何をしたか)
  • ご自分と法律に違反していると思われるものとの関係
  • 通報内容を知った経緯

公益通報の方法

 公益通報は電話、面談、文書(ファックス含む)、Eメールのいずれの方法で行っていただいても結構です。

このページの作成者

総務局人事部人事課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2203 FAX:093-583-3124

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。