ページトップ
ページ本文

情報公開請求制度手続の概要

更新日 : 2011年4月2日

開示請求の方法 相談・請求は文書館へ

 行政文書の開示を請求される場合、文書館が窓口となります。請求内容などを記入した「行政文書開示請求書」を提出していただきます。文書館では、実施機関(各担当課)に連絡して、請求文書の内容等を確認します。
 文書館で受付後、各実施機関が原則として15日以内に開示・不開示等の決定をし、開示する場合は文書館で行政文書が開示(閲覧・写しの交付)されます。写しの交付を希望する場合は、費用を負担していただきます。(通常の文書の場合、片面1枚10円です。)

開示請求に関する手続の流れ

(図)開示請求に関する手続の流れ

(※写しの交付の場合は、費用の負担が必要です。)

このページの作成者

総務局総務部文書館
〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番5号
電話:093-561-5558 FAX:093-561-5529

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。