ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 市長メッセージ(新型コロナウイルス関連) > 市長メッセージ(4月23日・市民を守る緊急支援策について)
ページ本文

市長メッセージ(4月23日・市民を守る緊急支援策について)

更新日 : 2020年4月24日

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、市民生活への影響を最小限に食い止めるため、4月補正予算案を取りまとめました。

 ここでは、特に医療分野について重点的に説明します。

 一つ目の柱「感染拡大防止と医療体制の強化」では、PCR検査体制を拡充します。
 従来の帰国者・接触者外来から、保健所を通じてのPCR検査のルートに加えて、新しく「(仮称)北九州市PCR検査センター」を北九州市医師会等と協議しながら、5月上旬を目途に設置します。
 かかりつけ医が必要と判断したPCR検査は、こちらで検体を採取し、民間機関に検査委託するといった、もう一つの新しいルートが新設されることになります。
 さらに、クラスターなど感染者が急増した場合で、保健環境研究所の処理能力が超えた場合には、民間検査機関に委託することとします。

 病院機能の強化支援では、感染を防ぎ、医療従事者を守るため、協力医療機関に対し、N95マスクや医療用ガウン、フェイスシールドなどの医療用部材の無償の現物給付を行います。
 新型コロナウイルス対策用として人工呼吸器やポータブルX線装置、院内感染防止のためのPCR試験機などの備品導入にあたって、購入資金の5分の4、上限1000万円の「コロナ対策用備品購入支援補助金」を創設します。
 加えて、感染症患者の入院受け入れ1人につき30万円を県とは別に支給します。

 重症患者の受け入れ体制の強化として、人工呼吸器の増設(5台)、医療センターのICUの陰圧化工事の実施、院内感染防止対策の強化としてPCR検査機器の導入、人員体制の強化として、医師の確保(3名増員)等を行います。

 こうした取り組みにより、他の協力医療機関の協力も得ながら、病院の入院ベッドを100床まで拡充する予定です。
 症状が軽快した方や無症状の方などの受け入れ先としての宿泊施設(東横イン北九州空港)の活用を合わせ、市内の入院体制の拡充・効率化を図ります。

 また、介護施設や児童養護施設等について個室化のための施設改修を支援します。車内での密集を避けるため、特別支援学校のスクールバスを10台増車します。

 2つ目の柱「感染症拡大防止に取り組む市民等の支援」では、歯科、薬局を含む医療機関、高齢者施設、障害者施設や保育所・放課後児童クラブ、幼稚園等に給付を行います。

 子どもの館、子育てふれあい交流プラザで、医療従事者の子どもを緊急に保育する体制を確保します。

 多様な相談に迅速かつ一元的に対応するため、西日本総合展示場にワンストップ相談窓口を開設します。

 国の緊急経済対策の趣旨に基づき、1人当たり10万円の給付金を速やかに支給するとともに、子育て世代に対し児童1人当たり1万円を支給し、市民生活を下支えします。

 3つ目の柱「雇用維持と事業継続のための地域経済対策」では、4月16日に公表した総額30億円規模の地域経済対策を行うこととしています。

 最後に、4つ目の柱「新型コロナウイルス感染症へのさらなる備え」として、今後必要な対策を迅速に講じるため、20億円規模の感染症対策予備費を創設します。

 今回発表した独自の医療提供体制の強化や、事業者支援などの経済対策に、国からの特別定額給付金10万円を活かす一つの選択肢として、新しくクラウドファンディングを活用した資金調達を検討しています。

 市民の皆様には、最前線で働く医療関係者や、経済対策への支援を広くお願いいたします。

北九州市長 北橋 健治

支援策の詳細ページは

会見動画

 発表会見の様子は、以下の会見動画をご覧ください。

このページの作成者

新型コロナウイルス感染症対策室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0570-093-567 FAX:093-582-3689

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。