ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 新型コロナウイルス > 市長メッセージ(新型コロナウイルス関連) > 市長メッセージ(5月14日・新型コロナウイルス感染症に関する経済支援策について)
ページ本文

市長メッセージ(5月14日・新型コロナウイルス感染症に関する経済支援策について)

更新日 : 2020年5月14日

【北九州市の感染状況について】
 4月23日から5月13日までの直近3週間のPCR検査数は694件、陽性患者数は4人で、陽性率は0.6%となっています。
 また、5月13日時点での入院患者数は7人、そのうち宿泊療養施設への入所者数は1人、市内で確保している病床数は87床となっています。   
 陽性患者の推移をみると、4月29日以降は、新たな患者は確認されていません。
 しかし、1週間で倍増するほどの大きな感染力を持つウイルスです。ここで気を緩めてはいけません。私たちは、第2波が来る可能性があるという危機感を持っておく必要があります。
 本市としては、今後も検査・医療体制の充実、クラスター対策の強化に取り組んでいきます。
 本日、国が「緊急事態宣言」の解除について発表します。現時点では、福岡県がどうなるか示されていませんが、いずれにしろ、市民の皆様におかれましては、「いわゆる3密(密閉・密集、密接)を避ける」「マスクの着用など咳エチケットを心がける」「ソーシャルディスタンスを心がける」など、感染防止対策を引き続き実施していただくようお願いします。  

【北九州市版クラウドファンディングについて】
 
4月23日の定例会見で発表した「北九州版クラウドファンディング」の詳細が決定したので、発表させていただきます。
 プロジェクト名は「北九州市応援寄附金 『コロナに負けない北九州の底力』あなたの想いがコロナと戦う人たちを支えます」です。
 5月15日の金曜日(明日)からの約三か月間、寄附を募集します。
 目標金額は5千万円とし、集まった寄附金については、新型コロナウイルス感染症対策として、最前線で働く医療・福祉関係者や、経済対策への支援のために活用させていただきます。
 市民をはじめ、北九州市を応援してくださる皆様には、広くご寄附をお願いします。

【クラウドファンディング「夏に行く券」について】
 
先日実施したクラウドファンディング「夏に行く券」は、多くの皆様にご支援をいただき、1回の実施で約9,000万円(支援人数約5,500人)の資金を集めることができました。
 このように、今回大変好評であったこと、また、多くの事業者の皆様からの要望もあることから、第2回目を実施することとしました。
 今回は支援金額の上限を2億円(4万口)とし、来週19日から参加事業者の募集を行い、6月上旬には支援募集を開始できるよう準備を進めたいと考えています。

【「アーティスト等緊急支援助成金(仮称)」の創設について】
 
新型コロナウイルス感染症の影響により、活動の機会を失っている市内のアーティスト等に対する文化芸術活動の支援策を実施します。
 市内在住または市内で活動するプロのアーティストや制作スタッフ等に動画を作成していただき、出演料相当額として一人あたり5万円を支援します。
 作成いただいた動画については東アジア文化都市YouTubeチャンネル等で配信を行う予定です。
 5月25日から募集を開始できるよう、現在、詳細を検討中であり、追ってお知らせさせていただきます。
 本事業によりアーティスト等に活動・発表の機会を創出するとともに、市民がイベント等に参加しなくても文化芸術活動に触れることができるような機会を提供することができます。さらには、イベント等が開催できない中、「東アジア文化都市2020北九州」事業の広報の一環としても取り組んでまいります。

市長サイン

このページの作成者

新型コロナウイルス感染症対策室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:0570-093-567 FAX:093-582-3689

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。